グリコ「プッチンプリン」発売50周年でリニューアル 国民投票“プッチン”する派?しない派?も開催

share

グリコは発売から50周年を迎えた「プッチンプリン」をリニューアルし、4月4日より全国での販売を開始する。リニューアル発売に合わせ3月30日からは、Twitterキャンペーン「プッチンプリン国民投票“プッチン”する派?しない派?」も開催する。

「プッチンプリン」ブランドでは、2019年から使用する添加物の削減を継続的に行っており、リニューアルする「プッチンプリン」と「植物生まれのプッチンプリン」は原料を一から見直し、着色料を使わずに作り上げた。

着色料・保存料・人工甘味料不使用でこだわり抜いたおいしさにリニューアルする「プッチンプリン」。

 
約4年ぶりとなる「プッチンプリン国民投票“プッチン”する派?しない派?」では、容器の底のつまみを折ってカラメル部分を上にして食べる(“プッチン”する)か、蓋を開けてカラメル部分を下にして食べる(“プッチン”しない)かについて、Twitter上で投票を行う。過去には100万票を超える票数が集まり、一勝一敗で迎える3回目の実施となる。今年は、原寸大純金ツマミが当たるTwitterのフォロー&ツイートキャンペーンも同時に開催。投票・応募期間は6月12日(日)23時59分まで。

4年ぶりの開催となる「プッチンプリン国民投票“プッチン”する派?しない派?」。

また、ブランドサイトもリニューアル。江崎グリコの研究員が「“プッチン”する・しない」でおいしさと見た目から感じる印象がどのように違うのか、調査した研究結果を公開した。

ブランドサイトで公開しているグリコ研究員を対象にした官能評価調査の結果。


Follow Us