各々が強めたい個性に向かって講座を選択し、チームの価値を向上

share

デジタルマーケティングの専門会社D2C Rは、2013年にNTTドコモと電通、NTTアドの3社が設立したD2Cの100%子会社として、設立。フルファネルマーケティングを活用し、多種多様なクライアントのデジタル支援に携わっている。
宣伝会議スタンダードトレーニング」を活用している統合プランニング本部 ストラテジックプランニングチーム マネジャーの押山睦氏に、受講の動機と講義の内容が実務にどう活きているかを聞いた。

——ストラテジックプランニングチームの業務内容を教えてください。

D2C R
統合プランニング本部
ストラテジックプランニングチーム マネジャー
押山睦氏

押山:当チームの主な仕事は、プロモーションの方針を打ち立てること。クライアントのマーケティング課題や市場、顧客、ターゲットの分析などをした上で、プロモーションやマーケティングの戦略をつくることをミッションとしています。さらに、その方針に基づき、クリエイティブやメディアなどに携わる他部署と連携しながら、具体的な戦術の設計にも介入しています。

——受講の動機を教えてください。

押山:ストラテジックプランニングは、一見どのような価値が提供できるのかが分かりにくい仕事です。私は、昨年このチームのマネジャーに着任した際にチームの課題を洗い出したのですが、もっと個々の強みを明確化し、強化することで、メンバーが持つ価値をアピールしたいと考えました。

そこで、それぞれがなりたい姿や強めたい個性、それに対してどんな能力を身につけていくかといったことを言語化し、チーム内でトレーニングやインプットの取り組みを始めました。

スタンダードトレーニングは、ちょうどその頃に宣伝会議から紹介いただきました。メンバー共通の枠組みの中で、個人の課題や伸ばしたいスキルに合わせて講座を選択できるというところが、やりたかったこととまさに合致していたので導入を決めました。

——受講内容と、その中で業務に役立っていることがあれば教えてください。

押山:「マーケターのためのKPI設定講座」は、受けている人が多かったですね。当社はWeb広告の代理店なので、どうしても売上やCPA獲得などを目的とした案件が多いのですが、当チームは認知や興味関心、ロイヤリティの向上のためのコミュニケーションを設計することが多いため、社内でもお互いの目線をすり合わせるのが難しいんです。

その際に、KPIを共通言語にすればうまく話が進めていけるのではないかと思っていて、実際にこの講座を受けたことでクライアントとの会話がスムーズにいったという話を聞いています。

また、プロモーションの方針を打ち立ててから他のチームを納得させて進めていくという場面が多いので、チームやプロジェクトの進行に役立ちそうな講座も、私を含め数人が受けました。非常に勉強になりましたし、そこで教えてもらったフォーマットを実務でも使っています。

私個人では、「クリエイター・プランナーの評価・人事制度改善セミナー」を受けました。ストラテジックプランニングは成果が数字に落とし込みにくいので、評価の仕方に悩んでいたのですが、講座を受けて自信が持てたり、評価内容を見直したりすることができました。

チーム内では、定期的に講座で得た学びをシェアする時間を設けたところ、チーム内コミュニケーションの良いきっかけになりました。基本がリモートワークなのでコミュニケーションの活性化は課題でしたが、交流の場としても学びの場としても有意義な時間になったと感じています。

——今後の人材育成の展望を教えてください。

押山:基本的には昨年と同様に、個性を強化していきたいと考えています。今はそれによって、目指す価値を発揮できる人間になれるよう邁進している状態ですね。

マーケターのスキルを向上するために、D2C Rさんが活用したのは……
宣伝会議 オンライン版スタンダードトレーニング」でした。
 
マーケティングや宣伝、販促、広報、デジタルなどをテーマとした教育講座の受け放題プランです。今回、ご自宅やオフィスなど、インターネット環境があれば、どこでもご受講が可能な「オンライン版」スタンダードトレーニングが登場いたしました。
 
<宣伝会議 オンライン版スタンダードトレーニング 概要>
・教育講座196万円相当のカリキュラムが50万円で受講可能。
・170以上のオンデマンド配信講座から業務に合わせて自由にお選びいただけます。
 
詳細はこちら
 
お問い合わせ
株式会社宣伝会議 教育事業部
MAIL:info-educ@sendenkaigi.co.jp

Follow Us