ミンカブ、ライブドア事業を買収 livedoorニュースなど71億円

share

ミンカブ・ジ・インフォノイドは9月28日、『livedoorニュース』などのWebメディア事業をLINEから71億円で買収すると発表した。ミンカブの主力は投資家向けメディア『MINKABU(旧=みんなの株式)』などで、買収によって一般消費者へと到達力を広げる。ミンカブの2023年3月期の売上高見込みは約75億円。

LINEは、ブログサービス『ライブドアブログ』、キュレーションサイト『livedoorニュース』、韓国関連の芸能ニュースサイト『Kstyle』を運営するライブドア事業を分割し、新会社ライブドアに承継させる。ミンカブは同ライブドアの株式をすべて取得する。ミンカブによると、ライブドア事業の2023年3月期>の売上高は約40億円、営業利益は10億円の見込み。

現行のライブドア事業の責任者を務める、LINEの宮本直人執行役員ポータル事業・EC事業担当は、新会社ライブドアの代表取締役兼COOに就く。ほか、ライ>ブドア事業に携わる約50人も移籍する。また、ミンカブの瓜生憲社長は、新ライブドアの代表取締役会長兼CEOに就任する。

ミンカブの主力事業は、投資家向けメディアの『MINKABU』『Kabutan(>株探)』で、両メディアの21年度の平均利用者数は875万人。集客を支えてい>るのは検索エンジンからのアクセスで、ライブドア事業の買収には、検索流入を増やすSEO(検索エンジン最適化)への依存から脱却し、検索サービス側の>結果表示の仕組みの変化による業績の変動を抑える狙いがある。

『livedoorニュース』『ライブドアブログ』『Kstyle』の月間平均利用者数は約7000万人超で、「買収によって、リーチ(到達)できる利用者数は現在の約10倍になる」(ミンカブ)。

ミンカブは、ライブドア運営のメディアをグループ全体のポータル(入り口)として活用するほか、主力の投資・資産形成ニュースや、金融・経済情報を提供するなど、情報の拡充にも努める。個人投資家を、Web上で波及力の高い“ >インフルエンサー” 化し、「ライブドアブログ」での投資情報も強化する。


 

Follow Us