メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

「150年後の国宝候補」を企業が出展、東京国立博物館の記念事業で

share

東京国立博物館は11月2日より公募型展覧会「150年後の国宝展―ワタシの宝物、ミライの宝物」を開催している。同館は2022年に創立150年を迎え、展示は記念事業の一環。

同展では、個人や企業から「150年後の国宝候補」を募集し展示。一般部門と企業部門があり、企業部門には以下の31企業・団体が出展している。

例えばビームスは、創業初期のショッピングバッグをメインに、同ブランドならではのカルチャーを代表する商品を展示。湖池屋では「湖池屋ポテトチップス」をテーマにジオラマを展示し「150年後の国宝展のり塩」を限定で発売するなどしている。ほかにもバンダイナムコグループ ガンダムプロジェクトは「GUNDAM」、クリプトン・フューチャー・メディアは「初音ミク」の展示も。生活者に新しい価値観を与え、共感を集めてきたものなどが展示される。2023年1月29日まで。

出展企業:IMAGICA GROUP、ENYSi 、大塚製薬、大林組、ON-ART、鹿島建設、学研ホールディングス、キッコーマン、クリプトン・フューチャー・メディア、KDDI、湖池屋、サンリオ、JRA、JKA、首都高速道路、ジンズ、住友不動産、セブン&アイ・ホールディングス、東映アニメーション、東急グループ、東芝、東宝、日本電設工業、八海醸造、バンダイ、バンダイナムコグループ ガンダムプロジェクト、ビームス、ベネッセホールディングス、本田技研工業、丸紅、吉本興業


Follow Us