メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

1日で100万人が利用 ローソンが全国店舗のトイレで感謝の動画を配信

share

ローソンは11月10日の「トイレの日」や11月19日の「世界トイレデー」にあわせ、全国のローソン店舗のトイレ扉部分にアートステッカーを貼付、トイレの大切さと使用者・清掃者双方に感謝を伝える動画を配信する。同社によると、1997年にコンビニエンスストアチェーンで初めてトイレを開放し、現在は全国の店舗で1日に約100万人の利用があるという。

アートステッカーの貼付は11月15日から実施。ステッカー内の二次元コードを読み取ると、約1分間の「みんなに知ってほしいトイレのこと」の動画が視聴できる。また、11月18日からは東京都と神奈川県の3店舗にて、トイレ全面をアートシールでデコレーションしたアートトイレを展開。アートステッカーやアートトイレは、「ありがとう」をテーマに福祉施設「PICFA(ピクファ)」のアーティストが描いた作品をもとにデザインした。

ステッカー(左)とアートトイレのイメージ。

コンビニエンスストア内のトイレは長期休暇中や年末年始など外出の機会が増える時にニーズが高まるといい、安心して利用できるコンビニトイレのサービスを継続するため、今回の取り組みを通じて、コンビニトイレについて来店者に考えてもらう機会につなげたいとしている。


Follow Us