メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

1200万ダウンロードのM2Eアプリを活用した「トリマ広告」の運用開始

share

位置情報ソリューションなどを提供するジオテクノロジーズは11月30日、移動距離に応じてマイルが貯まるM2E(Move to Earn) アプリ「トリマ」を用いたジオマーケティングソリューション「トリマ広告」の提供を開始した。

同社はM2Eアプリ「トリマ」を、2020年10月にローンチ。「トリマ」は徒歩、自転車、車などの移動手段でマイルがたまり、貯まったマイルは現金、Amazonギフト券やTポイントなどに交換が可能。2022年11月現在でダウンロード数は1200万を突破し、月間アクティブユーザー数も400万人を超える。今回発表された「トリマ広告」は、「トリマ」ユーザーに向けて、ダイレクトに広告運用ができるジオマーケティングソリューションだ。

記者発表会に登壇したアプリケーション事業統括の豊田俊作氏(左)とCMOの水島剛氏。

同日、開催された記者会見でCMOの水島剛氏は、これまでのデータドリブンのマーケティングソリューションの課題について「⓵コネクテッドテレビの普及によりTV広告の細かな効果検証が可能になる一方、OOHなどのオフライン施策の効果検証の難易度は高いままの状況にある②OMOのアプローチに適した統合的なマーケティングソリューションが少ない③デジタル広告のターゲティング精度の問題で、無駄打ちが多く発生している」と説明。

こうした課題があることから「トリマ広告」の開発を進めたといい、水島氏は「市場調査・分析、広告宣伝、効果測定をワンストップで提供する広告ツールとして、商品や店舗と人を効率的に繋ぎ、集客や売上向上に貢献したい」と語った。

また、アプリケーション事業統括の豊田俊作氏は「本サービスは『トリマ』で収集された性別や職業、行動日時、家族構成、さらに個人・世帯年収、通勤・通学の移動手段までセグメントが可能。認知の拡大から来店・購入までターゲット層や広告の目的に応じたサービスを提供していきたい」と語った。

さらに同氏は、「人流データや地図データを活用した高度な分析、未来予測などを通じて、広告市場のイノベーションに貢献していきたい」と今後の展望を述べた。


Follow Us