メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

非財務指標をKPIに導入は3割、役員報酬調査

share

HRガバナンス・リーダーズは12月9日、日本企業の役員報酬に関する調査の結果を発表した。

調査対象は、2022年6月末時点での日経225社(日経平均株価算出の対象となる225銘柄)で、有価証券報告書内での記載を調査した。

それによると、業績評価指標に非財務指標を採用する企業の割合は、短期インセンティブ(STI)で20.9%、中長期インセンティブ(LTI)で17.3%となり、前年よりも増加した。またSTI、LTIのいずれかのKPIに非財務指標を導入する企業数は32.4%だった。その内訳をESGの領域で見た分析では、S(社会)関連の指標の採用が最も増加していた。

また財務指標の採用状況についての分析では、STIでは営業利益の採用数が最も多く、LTIでは株主資本利益率(ROE)の採用数が最も多かった。


Follow Us