メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

2022年の企業リリース27万件から分析、キーワード1位は「SDGs」

share

プレスリリース配信サービスを運営するPR TIMESは12月12日、企業から配信のあったリリースにおいて設定の多かったキーワードについて、年・月別ランキングをそれぞれ発表した。対象は2022年1月1日~10月31日の10カ月に企業から配信されたプレスリリース総計26万9041件。年間1位は「SDGs」。昨年1位の「DX」が2位、3位が「イベント」という結果となった。

トップに「SDGs」、平時に戻りつつある企業活動

今回のランキングは、企業がプレスリリース配信の際に登録した関係するキーワード(最大10個登録可)を集計したもの。キーワード登録総数は延べ206万6657個に上った。

2022年の年間キーワードランキングでは、2021年の5位から順位を上げ、「SDGs」が総合1位。計1万1999件のプレスリリースで使用された。業界別全27カテゴリ内でも16カテゴリで10位以内に入っており、業界や事業内容を問わず企業全体で注目されたキーワードであった。

生活者の商品選択における基本的な考え方として定着しつつあり、17位「サステナブル」(昨年28位)や73位「脱炭素」(昨年177位)など関連するキーワードも順位を上げている。

昨年1位の「DX」は今年2位に。1万1267件のプレスリリースで使用された内、企業向けシステム・通信・機器カテゴリでの使用が46%以上を占める結果に。助成金申請サポートをはじめ、中小企業などへの導入支援のプレスリリースでの使用が関係していると考えられる。

また、20位圏内から「コロナ」に関連するキーワードがなくなったことも今年の特徴で、「おうち時間」が15位だった2023年2月から現在に至るまで、関連キーワードはすべて20位圏外。緊急事態宣言が2021年9月30日に終了して以降、2022年は一度も発令していない。これまで喫緊の課題とされてきたコロナ禍に対応する商品・サービスの誕生も、今後収まっていくのではと同社は分析する。

注目のキーワード「イベント」「自販機」「Web3」

2022年急速に登録が進んだ注目のキーワードについて同社は昨年同様の「NFT」「メタバース」に加え、今年3位の「イベント」を挙げた。

「イベント」はコロナ禍以前までは総合ランキングでも1位をキープし続けていたが、リアルでのイベント開催が難しいコロナ禍に順位が下落。しかし現在は、オンラインイベントの定着と規制緩和によるリアルイベントの開催増加、政府によるイベント参加者上限撤廃の発表で企業のイベント発表は増加傾向に。3年ぶりの規制緩和で迎えた今年の夏、7月、8月にはランキング1位にもなっている。

また同社は、2023年に注目されるキーワードとして「自販機」と「Web3」を挙げた。

「自販機」は昨年の49件から今年はその6倍、300件とキーワード登録数を伸ばした。非接触のニーズに対してスイーツや食品、生活品といった“変わりダネ”を取り扱う「自販機」が全国に登場。メディアやSNSでも話題となるものが多く、関連する新情報が増えていると同社は分析する。

「Web3」はブロックチェーンを活用した次世代の分散型インターネットの総称。特定プラットフォームを介さずに、ユーザー同士で直接データやコンテンツ、金銭のやり取りができることを目指す。昨年10カ月でキーワード登録は7件だったが、今年はその180倍に当たる1287件まで急増し、108位にランクインした。新たに「Web3」を活用した次世代サービスが期待され、大企業の新規事業参入・提携のプレスリリースが多数発表された2022年。また、複数のベンチャーキャピタルから大規模の「Web3」特化型ファンドについて発表されており、今後さらに増えていくことが予想される。


Follow Us