メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

ウェルビーイング推進を調査、パーパス浸透企業の4割が実施

share

ProFutureの研究機関・HR総研は、「ウェルビーイングと健康経営」に関する調査の結果を発表した。

「ウェルビーイング経営」や「健康経営」といった、従業員の価値を最大限に引き出すことで企業価値を向上させる取り組みに注目が集まっていることを受け、企業の人事責任者・担当者を対象に調査を実施。調査期間は、2022年9月26日~10月3日。有効回答は221件。

それによると、身体的・精神的・社会的に満たされた状態を指す、ウェルビーイングの認知度については、従業員数が1001名以上の大企業では75%が「以前から意味も知っている」と答えた一方で、300名以下の中小企業では42%にとどまった。

図1 企業規模別「ウェルビーイング」の認知度

ウェルビーイングの実現に向けた取り組みの実施状況については大企業で40 %が「実施している」と回答。またパーパスの社員浸透度別にみると、「浸透している」企業群において44%が「実施している」と答えている。

図2 企業規模別「ウェルビーイング」の実施状況

図3パーパス社員浸透度別 「ウェルビーイング」の実施状況

ウェルビーイングの推進で得られている効果について聞く質問では、「社員のエンゲージメント向上」「社員のモチベーション向上」が上位だった。

図4 「ウェルビーイング」の推進で得られている効果


Follow Us