メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

アシックス、園児の送迎バス置きざり問題解消へ向け、実証実験を開始

share

アシックスはこのほど、近畿タクシー、神戸常盤大学附属ときわ幼稚と連携し、社会課題となっている園児の送迎バス置きざりを防ぐ実証実験を開始する。

靴などに装着することで、位置情報を取得する同社の小型BLEセンサ「TUNEGRID-Cube(チューングリッド・キューブ)」とアプリを連動させ、着用者の乗車・登園情報を確認できるシステムの構築を目指す。

小型BLEセンサ「TUNEGRID-Cube」

 

センサ取り付けイメージ

 
実証実験では、ときわ幼稚園の園児14名が小型センサを取り付けたシューズを着用し、送迎バス(近畿タクシーが運行管理)に乗車する。バス内に設置した受信機を通じてバスの乗降や降車を検知。乗車するとアプリの画面に小型センサのIDが表示され、降車するとIDが消える。

乗車状況が一目で分かり、園児が送迎バスに取り残されていないかを遠隔からでも確認できる。幼稚園の正門に受信機を付け、バスから降りて登園したことが分かる機能も付与。受信機にはGPSを搭載し、送迎バスの現在地とおおよその到着時間の把握も可能だ。

小型BLEセンサ「TUNEGRID-Cube」は、手軽な実装・利活用が叶い、利用者が分かりやすいデータを取得できるシステム。シューズ、スマートウォッチなど多様な測定ツールとの組み合わせ、得られたデータを一元管理・分析する。

もともとは、スポーツの競技データや日々の運動習慣を簡易に記録・分析する「データ統合システム」として開発されたもので、時間に応じた歩数の記録や、検知器と連動させた着用者の位置情報の取得もできる。

アシックスと連携しているときわ幼稚園の園児が、送迎バスに乗車する様子

今後は、施設の管理者に加え、保護者なども確認できる送迎バス置きざり防止に関するシステムを構築し、幼稚園や保育園への導入・拡大を目指していく。

また、同社は2023年10月にも、兵庫県三木市と包括連携協定を結ぶ取り組みとして、音響機器メーカーのTOAと共同で小学生の交通事故を防ぐ実証実験を行っている。ビジョンである「スポーツでつちかった知的技術により、質の高いライフスタイルを創造する」を掲げながら、デジタル技術を活用した新たなスポーツの楽しみ方やソリューションをもとに、子どもや高齢者の見守り・安全に資するシステムなどの開発も進めていく。


 

Follow Us