日本バレーボール協会が暴力撤廃アクション開始

日本バレーボール協会(JVA)が、3月24日より「暴力撤廃アクション」を開始した。本アクションは、指導現場の現状を発信することで業界全体の意識を変え、バレーボール指導の現場から暴力・暴言・ハラスメントなどを撤廃することを目的としている。

本アクションのロゴ。今後、同協会主催の大会会場に掲出される予定。

 

また、本アクションでは、指導と暴力の間にある、明らかな暴力とは判断しにくい「未暴力」に目を向けることを提唱。同日開設したウェブサイトでは、「それって指導ですか?暴力ですか?」という問いかけのもと、指導現場の実態や正しい指導方法について学ぶコンテンツを掲載。悩んでいる当事者のための相談窓口も設置している。

また、25日には日本経済新聞に啓発メッセージの新聞広告を掲載。指導現場での暴力問題への指導する側、指導を受ける側、それぞれの考えをコピー化して記載している。SNS上でも「#指導ですか暴力ですか」を通じて、暴力撤廃に関する議論の活性化を促し、反響を呼んでいる。

3月25日掲載の新聞広告。「立っているのも限界で、『もう無理です』と言っても聞いてもらえなかった。」「練習後、2人きりの体育教官室で、1時間ぐらい怒りの説教をうけました。」といったコピーが並ぶ。

 

同協会会長の川合俊一氏は「今回は、暴力的指導の前段階で防げたこともあるのではないか?という視点に注目しました。一度立ち止まって自分や相手の気持ちを考えてみること、少しでも疑問に思ったら誰かに話してみること、それがとても大切なのではないかと考えています。この『暴力撤廃アクション』の開始を機に、より一層真摯に「暴力」・「未暴力」と向き合っていく所存です」とコメントしている。

スタッフリスト

  共通

企画制作
電通+電通クリエーティブフォース+たき工房+トーン・アップ+たきiC
CD
橋本卓郎
C
高階壮秀
AD
山口さくら
コミュニケーションプランナー
前田星平
Pr
井ノ本宙
CP
大聖亜希
統括Pr+PL
富山成貴
BP
藤村瞳、崔創喜
 
  新聞グラフィック

D
長田昂大
製版
子田純一
PRプランナー
島田雄輔、岩本彩貴、山脇壮平

 
  ウェブサイト

C
小野諒佑
Pr
岡村純治
AD
曽根葉介
D
松原早香、神谷早紀
演出
横山光幸、青木馨
Movie creator
伊藤健汰

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター


 

この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事