メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

ライオン、日清に食品事業を一部譲渡 通販のラクトフェリンブランド

share

ライオンは5月9日、通信販売している機能性表示食品ブランド「ラクトフェリンシリーズ」の一部を日清食品に譲渡すると発表した。譲渡価額は15億円で、時期は11月末を予定。

ライオンが日清食品に譲渡する通販ブランド4品
ライオンが日清食品に譲渡する通販ブランド4品

譲渡するのは、「腸まで届ける ナイスリムエッセンス ラクトフェリン」ほか3商品と、「ナイスリムサポート エラグ酸のチカラ」の計4商品。2022年12月期の合計売上高は33億7700万円。直近5年は毎年売上高が前年比を下回り続けていた。

24年度を最終年度とする中期経営計画では、経営基盤の変革をうたう。事業譲渡は、事業全体の構成を改善することが目的という。ライオンが通信販売している健康・美容食品は、ほかにサプリメントで5商品、飲料タイプが4商品ある。

ライオンの22年度決算は原材料価格の高騰が響き、増収減益だった。23年度第1四半期も原材料価格と競争費用、本社移転費用などが減益要因となっている。


 

 

Follow Us