メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

能登地方に本社置く企業4000社分析 建設業が最も多い

share

帝国データバンクは1月5日、「令和6年能登半島地震」による企業への影響に関して調査結果を発表した。調査対象は、被害が大きい能登地方(石川県・富山県の13市町村)に本社を置く企業(個人事業を含む)で2023年11月時点の企業データに基づき調査を行った。

それによると能登地方に本社を置く企業数は4075社。売上高合計は1兆3018億円(いずれも2023年11月時点)だった。市町村別でみると、最も多いのは「七尾市」で705社。特に被害が大きいとみられる「輪島市」は315社、「珠洲市」は210社、「能登町」は245社だった。業種別では「建設業」が最も多く、「サービス業」「製造業」が続いた。従業員数(正社員)の合計は4万9728人に上った。

advertimes_endmark
地図 能登地方の企業数
能登地方に工場や営業拠点を有する企業もあり、交通の寸断などによって生産・消費活動に広く影響が出るとみられる。
グラフ その他  「能登地方」企業の業種別社数
業種別社数で2番目となった「サービス業」。その内訳は医療業や宿泊業が多かった。観光産業においても広く影響が出る可能性がある。3番目の「製造業」は売上高では全産業中最も高い。エレクトロニクス産業なども含まれ、生産活動への影響が懸念される。