積水ハウス建設、住宅建築担う「クラフター」の入社人数が3.4倍に

積水ハウス建設ホールディングスは、高校卒業予定者を中心に住宅建築を担う社員工(クラフター)の積極採用を実施した結果、2024年度は採用計画で目標としていた人数を超え、前年の3.4倍にあたる134名が入社したと発表。

5月8日には、クラフターを育成する教育訓練センター・訓練校の入校式を開催。トレーナーが外壁を設置する様子や、新しくなった寮の見学も行った。


写真 人物 教育訓練センター・訓練校の入校式

建設現場での職方の高齢化や若年就業者の減少、「2024年問題」を背景に、積水ハウス建設では2023年にクラフターの採用増員計画を策定。「施工技能者」という名称を改め、「クラフター」「チーフクラフター」などの職務等級に変更。基礎から建方、内装という工程を一棟丸々担うことができる多能工人財の育成の加速、高卒新入社員の初任給引上げやチーフクラフターの待遇改善、「完全週休2日」などの福利厚生推進、ビームスのユニフォームブランドに依頼し制作したユニフォームの導入などを打ち出してきた。

施工技能を習得できる訓練校では、育成カリキュラムを変更し、人財育成の取り組みを一層強化していく考えだ。

advertimes_endmark

写真 人物 大村泰志社長
入校式で大村泰志社長は、入校したクラフターに向け「住宅施工に関わる仕事は、建設業界の中でも特にお客様に近い存在で、お客様の喜びを直接実感できる大変やりがいのある仕事です。それだけに私たちは、お客様に最高の品質と最高の技術をお届けする必要があります。これからこの訓練校でその基礎を学んでいただき、全国の現場でさらに磨きをかけてください」と語った。

写真 人物 新しい統一ユニフォーム
新しい統一ユニフォームを今年度から全国のクラフターが着用する。




この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事