クライアントの要望にどこまでチャレンジできるか(野呂エイシロウ)

「AdverTimes.(アドバタイムズ/アドタイ)」は2024年6月に20周年を迎えました。2004年に新聞として創刊、2010年からオンラインがスタートし現在に至ります。
20周年の節目に際し、これまでのコラム執筆者の皆さんから寄せられた、それぞれの領域における「これまでの20年とこれからの20年」を紹介します。

野呂 エイシロウ氏

MIP 取締役/放送作家・PRコンサルタント

――これまでの20年間で、ご自身のお仕事の領域や関心領域において、エポックメイキングだったと思われることはなんですか

誰もが知っているインシデント案件で、電話が鳴りぱなし。記者さんに謝罪しっぱなし。それからインシデント案件が大好きになったこと。クライアントさんのスキャンダルで、マスメディアさんとの水面下の交渉や対策戦略立案が非常に楽しくなったこと。困難な手術を請け負う医者や裁判に挑む弁護士の気持ちが少しだけわかったような気がしたこと。

――現在のご自身のお仕事の領域において、最も関心を寄せる/寄せられるべき課題は何だとお考えですか

どれだけ短期間で、クライアントさんの要望に答えられるか?ということ。クライアントさんの夢や希望や理想がある。それを実現できるにはどうしたらいいか?まずはそこを優先。たとえ100%不可能であっても「情熱大陸に出たい」「紅白に出たい」と言う頓珍漢なオーダーを言われたら、どこまでできるかにチャレンジできるかどうか?というメンタル。

次のページ
1 2
この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事