カンヌライオンズ2013受賞結果出そろう 日本は33のライオン獲得

share

フランス・カンヌで先週行われていたカンヌライオンズが22日に閉幕し、各部門の受賞結果が出そろった。

今年のカンヌは、メルボルン鉄道「DUMB WAYS TO DIE」がグランプリ5冠を獲得し、圧倒的な強さを見せた。また、インテル+東芝「THE BEAUTY INSIDE 」が3部門のグランプリを受賞した。

「DUMB WAYS TO DIE」は、メルボルン鉄道の安全啓蒙キャンペーン映像。かわいいキャラクターが歌に合わせて、自分の髪に火をつけたり、ピラニアのいる川に飛び込む、宇宙でヘルメットを外す、鉄道のホームを歩くなど、マヌケなやりかたで次々と死んでいく。制作はマッキャン オーストラリア。音楽とシュールなアニメーションで人気に火がつき、世界中で視聴され、また多数のパロディ映像が制作された。

「THE BEAUTY INSIDE 」は、毎日姿が変わってしまう男が主人公の恋物語。公式Facebookページからオーディションに応募することで、主人公が日々アップしているビデオログに登場できる、一般参加型のソーシャルフィルムになっている。制作はPEREIRA & O’DELL。

各部門のグランプリ受賞作一覧は下記の通り。

PR部門/ダイレクト部門/ラジオ部門/インテグレーテッド部門/フィルム部門

メルボルン鉄道「DUMB WAYS TO DIE」(McCANN MELBOURNE)


「DUMB WAYS TO DIE」

サイバー部門/フィルム部門/ブランデッドコンテンツ&エンタテインメント部門

インテル+東芝「THE BEAUTY INSIDE 」(PEREIRA & O’DELL San Francisco)


「THE BEAUTY INSIDE 」

≫ 「PR部門/ダイレクト部門/ラジオ部門/インテグレーテッド部門/フィルム部門」「サイバー部門/フィルム部門/ブランデッドコンテンツ&エンタテインメント部門」はこちら
≫ 「クリエイティブエフェクティブネス部門」「プロモ&アクティベーション部門」「イノベーション部門」「モバイル部門」「メディア部門」「アウトドア部門」はこちら
≫ 「プレス部門」「デザイン部門」「サイバー部門(グランプリ2/2)」「チタニウム部門」「フィルムクラフト部門」「GRAND PRIX FOR GOOD」はこちら
≫ 「日本の受賞作品」はこちら


【予告】ブレーン9月号(8月1日発売)では、カンヌライオンズを特集します。

『最新カンヌセミナー2013』
厳選された優良事例を「アイデア」「インサイト」「成功要因」に分解し、血肉化する
プレゼン勝率の高いプレイヤーが率いるチームほど、カンヌの受賞作を研修の一環として活用しています。それが実務で応用できるのは、自らの頭でエレメントに分解して、吸収しているためです。宣伝会議では厳選事例の裏側を学び、筋の良いアウトプットに活かすセミナー2013を開催いたします。

詳細はこちら

Follow Us