広告ジャーナリストが選ぶ広告賞「Epica Awards」結果発表 資生堂がグランプリ受賞

share

世界の広告専門のジャーナリストたちが審査員を務めるフランス発の国際広告賞「Epica Awards」の2015年の審査結果が発表された。

選出されたグランプリは全部で4つ。フィルム部門は、資生堂の動画「High School Girl? メーク女子高生のヒミツ」が選ばれた。デジタル部門は、翻訳サービス「ElaN」の動画キャンペーン、プレス部門はイギリスの老舗百貨店ジョン・ルイスのグラフィック広告シリーズ、アウトドア部門ではMINIの屋外広告が受賞した。

各グランプリ作品の詳細は下記の通り。

フィルム部門グランプリ

 
資生堂「High School Girl? メーク女子高生のヒミツ」(Watts of Tokyo)

高校の教室にいる美人女子高生たち、その正体は実は、メークした男子高校生だった。人の印象をガラリと変える資生堂のメークの力を意表をつく形で証明した。

審査委員長Olivier de Montchenu(Euronews)のコメント:「信じられないパワフルなアイデア、そして極めて完成度が高い。まるでショートフィルムのようです。非常に時事性が高く、印象に残るジェンダーの捉え方をしていると感じます」

デジタル部門グランプリ

ElaN「Taste the Translation」(J. Walter Thompson Amsterdam)

オンライン翻訳サービス「ElaN」知名度向上のためのキャンペーン。日本のクックパッドのレシピをGoogle翻訳とElaN翻訳にかけ、その結果を元にシェフが料理を作る。ElaN翻訳による寿司は美味しく完成したが、Google翻訳による寿司の結果は……?

審査委員長コメント:「Googleのような企業がこの種の勝負を挑まれることはあまりなく、この企画は新鮮でエンターテインメントに満ちています。それに、この動画を見た人はElaN翻訳を試したくなるはず。つまり、この広告は完璧に目的を達成しているのです」

プレス部門グランプリ

ジョン・ルイス サウサンプトン店キャンペーン(AdamandeveDDB, UK)
イギリスの老舗百貨店ジョン・ルイスのサウサンプトン店開業キャンペーンのためのシリーズ広告。口紅やチーズ、ランプなど、同百貨店で販売している商品を航洋船に見立てている。

審査委員長コメント:「強いクリエイティブアイデアに支えられた、きわめて優れた美的感覚を感じるキャンペーンです」

アウトドア部門グランプリ

MINI「MINI Traffic Lights」(Demner, Merlicek & Bergman, Austria)

MINIの遊び心と機敏さを表すために企画された屋外広告。ウィーンの街の信号の横のスクロール式の交通広告を使い、信号が変わるタイミングと完璧に同期させ、赤・黄・緑の信号の色に近しいMINIの広告を出した。待ち時間中に退屈するドライバーをターゲットにしたキャンペーン。

審査委員長コメント:「見る人の心理がよく考えられたキャンペーン。楽しく面白いこの広告は、MINIのブランドイメージとも完全にフィットしています」

次ページ 「資生堂のクリエイティブディレクター小助川雅人氏はグランプリ受賞にあたり」へ続く

Follow Us