コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

“CM界の奇才” 山内ケンジさんがソフトバンクの白い犬の選考理由を語る!(ゲスト:山内ケンジさん)【前編】

share

【前回コラム】「「自分の感覚は全く信用していません」と話すベストセラー作家。その真意は?(ゲスト:水野敬也さん)【後編】」はこちら

ソフトバンクやNOVA、ドリームキャストなど、数々の個性的なCMをつくってきた山内ケンジさんは、2015年、岸田國士戯曲賞を最高齢で受賞。演劇への熱い思いを語る。

今回の登場人物紹介

左から、権八成裕(すぐおわパーソナリティ)、山内ケンジ、中村洋基(すぐおわレギュラーゲスト)。

※本記事は12月12日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

江口寿史さんのイラストは届くのか?

中村:先週は漫画家・イラストレーターの江口寿史さんをゲストにお迎えしましたが、江口さんをお呼びした張本人である澤本さんが・・・。

澤本:すみません、遅刻しました。

中村:遅刻というか、収録1回終わったという(笑)。

権八:まぁ、江口さんが帰ろうとしているところだったからね。席を立って。

中村:厳密に言うと間に合ってなかったんですけど。Tシャツ用に描いてくださるイラストは遅筆の江口さんから来たんですか? え、まだ来てない!

権八:やっぱり、あそこでもらっておくべきだったよね。パパパッと収録中に女の子の絵を描いてくれて、そのまわりにみなさんの顔を描きますよと言って。

中村:ほぼできてたんですよ。「これでいいじゃん」と私と権八さんは思ったけど、たぶん江口さんがサービス精神を出してくれて、ここに3人の顔を描いてやるよと持って帰られちゃったんです。

権八:これもしかして、1年ぐらいかかるんじゃない(笑)。

澤本:可能性はなくはない。

中村:本当に番組が終わってる可能性がありますよ。

権八:江口さん、もし聞いてらっしゃったらすぐ完成させていただいて!お願いします!それでプレゼントするんだもんね。イラスト入り「すぐおわTシャツ」を。

中村:もちろんです。Tシャツ用に描いてくださるイラストが完成した暁に改めて江口さんをゲストにお呼びしようということになっております。

澤本:断られなきゃいいけどね(笑)。

権八:でも、澤本さん仲良いから、僕らが引きだせなかった話もあるだろうし。

澤本:そう、江口さんの展覧会「KING OF POP」も行きました。よかったですよ。

中村:さて、話は変わりますが、お2人の最近の広告活動は?

権八:広告クリエイティブが一応、生業ですからね(笑)。告知できるようなことってことですかね。もう終わっちゃったんですけど、天海祐希さんが叫ぶ無駄にハイテンションな缶チューハイのCMをやってまして。そのイベントで、日比谷公園で「ご当地鍋フェスティバル」というのがありました。3日間で10万人ぐらいのお客さんが鍋を食べに集まったんですよ。うちも家族で行ったんですけど、あまりの混雑ぶりに中には入らずに・・・(笑)。

澤本:じゃあ行ってないじゃない(笑)。

権八:いや、もう僕1人だけで入って。すごい盛り上がってました!

中村:缶チューハイを飲みまくりということで。

権八:そこへ行くと「196℃ストロングゼロ」が100円で飲めるんですよ。今週はそんなイベントをやってましたね。

中村:澤本さんは何か?

澤本:僕は久々にソフトバンクの犬のCM撮りましたね。

権八:久々なの?

澤本:だってほら最近ちょっと僕。

権八:あ、そうか。てか、最近ちょっと僕。って(笑)。

中村:お休みというか。いろいろなCMプランナーさんに回していて。

澤本:そう。だから上戸彩さんに久々に会いました。あんなにソフトバンクのCMの間と間が空いたのって久しぶりだったから。初めてだな。

次ページ 「“CM界の奇才” 山内ケンジさん登場!」へ続く

Follow Us