メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

時計のパーツ1200個でできたピタゴラ装置—セイコーのブランドMVが公開

share

セイコーホールディングスは14日、同社が掲げるグループスローガン「時代とハートを動かすSEIKO」を表現するブランドミュージックビデオ「Art of Time」を公開した。

「Art of Time」。ピタゴラ装置に使われたパーツの最小サイズは0.7mm。エンドロールには、制作スタッフではなく、「一番伝え車」「アンクル受け」「おしどり」といった47種類のパーツの名称が表示される。

写し出されるのは、セイコーの機械式腕時計に実際に使用されている47種1200ものパーツや、時計をつくるための工具を組み合わせた、精密な”ピタゴラ装置”。これに、熟練時計職人の繊細な指先の動きが加わることで、仕掛けが次々と展開していく。企画が立ち上がってから、数え切れないほどのテストを経て、ムービーが完成するまで丸1年。撮影にかかった時間は3日間・70時間にもおよんだという。1カット撮影にこだわった映像は、時計の“心臓”とも言えるパーツ「てんぷ」が職人の手によってボディに収められることで幕を降ろす。

ひとつの時計には約200のパーツが使われており、そのすべてが組み合わなければ動き出さない。このムービーでは、時計に命を吹き込む職人の技術の粋と、一つひとつのパーツの美しさを堪能することができる。楽曲は、グループCEOの服部真二氏が作曲を手がけ、グループ社員から募った歌詞を、アーティストのやくしまるえつこさんが歌い上げた。

メイキングムービー。

国産機械式腕時計を代表するブランド「グランドセイコー」が誕生から55周年を迎えるなど、セイコーにとって大きな節目の年となった2015年。これを機に制定されたのが、前出のグループスローガンだ。「常に時代の一歩先を行く」という創業以来の経営姿勢と、「お客さまの感性に訴えたい」という同社の新たな思いを表現したものだという。

★関連記事
グランドセイコーは、グランドセイコーを超えていく。55周年を記念したCMと特設サイトが公開

このスローガンのもと、スポーツと音楽の二つの文化活動を通して、人々の心に訴えていきたいとしており、今回のビデオは音楽によるブランドコミュニケーション活動の一環として制作した。「Art of Time」というタイトルには、「時に音楽を乗せて、人々に豊かな時間を提供したい」という思いが込められている。

セイコーホールディングス ブランド推進二部の担当者は、「世代を超えて『ワクワク、ドキドキ』する時間を分かち合い、感性的な価値を感じていただきたいと考え、さまざまな取り組みを進めています。クリエイティブには、物質的な価値だけではなく、『遊び心』などの精神的な価値も発信し、Webメディアで話題性を喚起することを期待しています」と話す。

なお、スポーツ領域では、2015年2月にFC東京とのスポンサー契約締結を発表。所属選手をCMキャラクターに起用するなどの具体的な動きがスタートしている。

スタッフリスト

企画制作
電通+AOI Pro.
CD
山本渉
ストラテジック・プランナー
天野和洋
コミュニケーション・プランナー
越智一仁
AD
高橋優
C
武田さとみ
PR
大森崇、齋藤卓夫、吉田宗太
AE
丸島一恵
デジタルコーディネーター
寺島加奈
PM
稲田慎也
演出
髙橋圭
撮影
安藤広樹
カラリスト
長谷川将広
照明
重黒木誠
美術
河野梓
しかけ
茅沼光明
編集
宮田裕一、小船清次(オフライン)
コンポジット
宮田裕一
MA
藤田ルリ子
メイキングディレクター
小船清次
Webデザイナー
平元義夫
作曲・編曲
河内結衣、斎藤茂彦
歌唱
やくしまるえつこ
音楽プロデューサー
内山雄介
作曲
服部真二
作詞
セイコー社員

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター


「セイコーホールディングス」に関連する記事はこちら

Follow Us