メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

PS4、「一家に一台」時代の復権に向けたブランドキャンペーンを展開

share

スマホゲームにはない、据置型ゲームの魅力を訴求

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA。4月1日付でソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアから社名変更)は、2015年9月より「できないことが、できるって、最高だ。」をテーマに、「PlayStation(プレイステーション)4」のゲームの魅力や、新たな可能性を発信する国内向けブランドキャンペーンを展開している。

「できないことが、できるって、最高だ。」スペシャルムービー。コピーを手がけたのは、POOLの小西利行氏。

ソーシャルゲームやスマホ向けゲーム、ポータブルゲーム機が台頭する中、据置型ゲーム機の魅力を改めて訴求する同キャンペーン。「いつでも・どこでも遊べる手軽さ」ではなく、ゲームの世界に飛び込み、関与することができる体験に価値を置き、マス広告やイベント、またPR施策を立体的に組み合わせながら、据置型ゲーム、そしてプレイステーション4の楽しさを徹底的に訴求している。

「『スター・ウォーズ』や『進撃の巨人』の世界に入り込んだり、『ウイニングイレブン』で最強の選手やチームを育成したり……。現実にはできないことも、プレイステーションでなら実現できることがたくさんあります。映画や小説など、エンタテインメントコンテンツにはさまざまなものがありますが、そうしたゲームならではの価値を、今後3年かけてメッセージしていく予定です。

ターゲットは、現在、据置型ゲームをやっていないすべての人。過去に遊んだことがある人はもちろん、生まれたときからスマートフォンやポータブルゲーム機が身近にあって、据置型の魅力を知らない新規ユーザー層も取り込みたいと考えています」とSIEJA マーケティングコミュニケーション部の須貝正剛氏は話す。

キャンペーンの一環として、3月29日~4月10日の約2週間、東京・銀座の銀座ソニービルで、期間限定のイベント「みんなでできる!ファミリーパーク」を開催している。ターゲットは、春休み期間中の親子。イベントでは、「プレイステーションの可能性を体感する」ことをコンセプトとした多様な企画が展開されている。

指定されたポーズをとると、「NARUTO」の「風遁・螺旋手裏剣」などスーパーヒーローの必殺技を疑似体験することができる。

例えば、1階の特設ビジョン前では、ステージの上で指定されたポーズをとると、「ONE PIECE」や「NARUTO-ナルト- 疾風伝」、「ドラゴンボール」などのヒーローたちの必殺技を繰り出す瞬間を撮影できるフォトコーナーを展開(4月3日で終了)。

また、8階のコミュニケーションゾーン「OPUS」では、「できないことが、できるって、最高だ。」のメッセージを体現するゲーム9タイトルで遊ぶことができる。会場で遊べるゲームは、サッカーゲームの『ウイニングイレブン2016』、野球ゲームの『実況パワフルプロ野球2016』、ドライビングシミュレーションゲームの『グランツーリスモ(GT)6』など9タイトル。40インチモニターとソファを備えた試遊スペースのほか、200インチ画面の4Kプロジェクターでゲームをプレイできるスペースも用意している。

春休み中の子どもたちで賑わうイベント会場。ゲームの世界が4Kモニターに映し出される様子は圧巻。期間中は、ソニービル内を巡ってアイテムを集めるとプレゼントがもらえるオリエンテーリング企画「リアルビルダーズ ハンマーラリー」も実施する(4月4~10日限定)。

次ページ 「「一家に一台」の時代に、いかに近づくか」へ続く

Follow Us