メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×
コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

スカパラ沖さん&澤本さんが小学校の卒業文集に書いた「反省」とは?(ゲスト:沖祐市さん)【後編】

share

【前回コラム】「[祝・放送100回目!]スカパラ沖さんと澤本さんの小学校同級生対談が実現(ゲスト:沖祐市さん)【前編】」はこちら

今回のメインは澤本さんと沖さんが卒業した富士見台小学校の卒業文集「つばさ」。日本を代表するCMプランナーとミュージシャンになった2人は何を書いていたのか?

今回の登場人物紹介

左から、中村洋基(すぐおわレギュラーゲスト)、澤本嘉光(すぐおわパーソナリティ)、沖祐市、権八成裕(すぐおわパーソナリティ)。

※本記事は3月5日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

小学生の頃に2人で『スターウォーズ』を見に行った

中村:今夜のゲストは前回に引き続き、澤本さんと小学校のときの同級生、東京スカパラダイスオーケストラ、キーボードの沖祐市さんをお迎えしております。

権八:2人は小学校時代、どんな遊びをされてたんですか?

澤本:趣味が合ったんだと思うけど、おきんきん(※澤本さんが小学校の頃から呼んでいる沖さんのニックネーム)の家によく遊びに行って。いろいろなものがあるんですよ、おきんきん家。お父様が著明なエレクトーン奏者で。

沖:ジャズエレクトーンをやっていて。

澤本:沖浩一さんという、その道では先駆者の人で、家にすごい機械があるんだよね。

沖:シンセサイザーをいろいろ持っていて、そのときまだ日本になかったようなやつを輸入していて。それで友達と一緒に音を出して遊んでましたね。

権八:贅沢な遊びですね。

澤本:おきんきんのお父さんがいないときに忍び込んで、勝手に風の音やお化けの音、爆発の音、とかをつくって出してね。機械で音をつくれるんだ、というのはそこが僕の原体験なの。

権八:小学生からしたらそれは相当すごい体験ですよね。一緒に映画を見に行ったりもしていたと。何を見たんですか?

沖:『スターウォーズ』ですね。今も作品が続いてるというのがすごいよね。最新作がここから出るってすごくない?

澤本:あれよかったよね。

沖:それを渋谷に見に行って。それと『2001年宇宙の旅』も2人で見に行って、その時点でリバイバルだったんですけど、ショックだったよね。小学生2人で見に行くというのもあるし、今はヒカリエになったけど、渋谷文化会館に見に行って。上にはプラネタリウムがあって、それもSFっぽい雰囲気があったし、宇宙船の中に2人で行っちゃったみたいな。

澤本:その頃から僕のUFO好きがはじまっちゃって。

権八:『スターウォーズ』はともかく、『2001年~』は小学生が見ると難しくないですか?

沖:難しかったけど、映像にやられちゃったというか。うわー、すげーって。2人でその後、文化会館のうなぎ屋に行って、うなぎ食べて。

中村:小学生が(笑)!? うなぎでも食うかって?

澤本:食ったね(笑)。

沖:澤本は当時から歴史や社会に詳しいというのがやっぱりあって、ちょっと大人びてるところもあった。だからイタズラっ子ではあったけど、大人びてるところがあったな。

澤本:おきんきんはずっと子どもの頃からピアノを弾いていたから、ピアノがむちゃむちゃうまいのよ。でも、ピアノが一時期嫌になって、もうやめたいと言っていて。

沖:そうそう。一回ちょっと離れたけどね。

澤本:でも、『スターウォーズ』や『2001年~』を見ると、ああいう音楽をね。

権八:耳コピしちゃうんだ!

澤本:だからすごいなと思って。才能ってあるんだと思って見ていたなあ。

権八:あと面白いのは2人とも6年4組で一緒だったんですね。そこで、教卓の上にあったバインダー。これは先生の持ち物でしょうか。

澤本:そうそう。掃除をやっていて、教卓の上にバインダーがあって、名簿があるじゃない。それをパッと開いたら、そこに観察メモみたいのが書いてあって、そこに「6-4を悪くしてる4人」とあって、僕とおきんきんとハタノとボンちゃんの名前が(笑)。

沖:4人組なんだよね(笑)。

権八:いい! 呼び方がいちいち小学生で(笑)。

澤本:書いてあって、ちょっとショックだった。さすがに。

権八:2人はなにやったんですか? 悪くしてるって。

澤本:騒いでたぐらいだよね。

沖:いやぁ、天真爛漫なんだと思うけどね。イタズラ好きだったけど。

権八:女の子にスカートめくりやイタズラしたりはしなかったんですか?

沖:どうだろう、やってたかな? やってたかもね。

澤本:やってたかな。でも、僕は5年4組、6年4組でやったかわからないけど、前にいる女の子の背中に書道で文字を書いたら、泣かれたことがありました。

権八:えー!

中村:それは悪いですね(笑)。

沖:それはかなりいきましたね。

権八:背中って洋服に?

澤本:白いセーターか何か着てるときに、すずりですって、たとえば「春」という字を背中に書いたら、ちょっと・・・。

中村:えーっ! それは6年4組を悪くしている可能性ありますね(笑)。

澤本:それは怒られたわー。

権八:そんなバイオレンスな。

中村:そうですね。弱肉強食の感覚なんですかね。

澤本:それ斉藤さんに書いたの。

沖:あー(笑)。斉藤さんって誰もが憧れる、かわいい女の子で。

権八:あっ、好きだったんだー。ちょっとそれでチョッカイ出したくなっちゃって。

澤本:そうですね。逆効果で怒られて(笑)。

権八:すげー楽しー。

沖:だいたい給食のときとか面白いこと言って、いかに牛乳を吐かせるかとかばっかりやってたね。

澤本は面白いことをいつも考えていて、楽しかったんですけど、いつ勉強してたんだろうと思うぐらい頭のいい中学校に行ってね。今考えるとすごいなと思って。

権八:話を聞くと、澤本さんはイメージよりもヤンチャでアグレッシブな感じですね。

次ページ 「沖さんの小学校の卒業文集を公開」へ続く

Follow Us