特化型キュレーションメディア利用者数トップ3は「ウェルク」「メリー」「ラフィ」

share

ニールセンは7月26日、スマートフォン視聴率情報「Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)」(全国の8000人〈iOS、Android各4000人〉の調査協力モニターから取得するアクセスログ情報を元に作成)の2016年6月のデータをもとに、特化型キュレーションメディアの利用状況を分析した結果を発表した。

特化型キュレーションメディアとは、キュレーションメディアの中でも「特定のジャンル」や「特定のターゲット」を設定しているもの。

2016年6月の利用者数が最も多かったのは、ヘルスケア情報に特化した「welq(ウェルク)」で631万人だった。昨年10月の提供開始以降、急速に利用者数を伸ばし、直近3カ月では前月比2倍以上の増加を記録した。

続く2位は、若年層の女性をターゲットとした「MERY(メリー)」(最新アドタイ記事リンク)で610万人。2015年7月・12月に放映したテレビCMなどの効果もあり、1年間で利用者数は約150万人伸びた。3~5位は、大人の女性をターゲットとした「LAUGHY(ラフィ)」(558万人)、旅行情報に特化した「Find Travel」(500万人)、および「RETRIP」(450万人)で、いずれも昨年同月比で利用者数が3倍以上に増加した。

利用者属性を見ると、上位5メディアすべてで女性利用者の割合が高く、特に20代以下が最も高いという点で共通していた。特に「MERY」はその傾向が強く、女性全体で87%、20代以下の女性だけでも47%となり、30代まで含めると72%。また、各メディアの一人あたりの月間利用回数および利用時間を見ると、利用回数・時間ともに「MERY」がその他4メディアの2倍以上を記録していた。

同社シニアアナリストの今田智仁氏は「特化型キュレーションメディアは『雑誌系のメディア』とも呼ばれ、特定のジャンルにおいて専門的で質の高いコンテンツを提供することで、近年利用者数を伸ばしている。企業にとっても、属性情報だけでなく利用者の趣味趣向がはっきりしている点で広告を出稿しやすく、ユーザー・広告主の双方にとって注目のサービスとなっている。

その中でも『MERY』は利用回数が多く、利用時間も長く、若年層の女性に人気のメディアとなっていた。流行のファッションやコスメなどの情報が写真や動画とともにまとまっており、若い女性にとって役に立つ情報が多いことが人気の理由の一つ。

そして、単にまとめ記事を配信するメディアではなく、サイトやアプリ内からファッションアイテムが購入できるコマース機能を持っていたり、美容室が予約できたりすることも人気の理由であり、利用時間を伸ばしている要因と見られる。こうした機能は、広告だけに頼らないマネタイズのモデルとして今後のキュレーションメディア事業の試金石になるかもしれない。

また、『welq』はオープン後、半年足らずで利用者数が600万人を超えるメディアに成長した。このように今後も、数カ月で一気に利用者を伸ばすような特化型のキュレーションメディアが登場する可能性がある。企業においては、自社のターゲットに相性の良いメディアを見つけるために、今どのようなメディアにどの程度の利用者がいるのか、どのようなユーザーが利用しているのか常にアンテナを張りチェックしておくことが重要だ」と話した。

Follow Us