メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

動画再生回数100万回達成で実現が決定!別府市の公約「湯〜園地」とは

share

人が入れる温泉として世界一の湧出量を誇る大分県別府市。同市は、“温泉都市・別府”の魅力を国内外に向けて広く発信すべく、新たな市のビジョンとして「遊べる温泉都市構想」を策定し、取り組みの第一弾として「遊園地」ならぬ「湯〜園地」計画を11月に発表した。

「湯〜園地」とは、その名の通り、温泉につかりながら楽しめるアミューズメント施設。メリーゴーランド、ジェットコースター、観覧車と、あらゆるアトラクションが湯船になるという、前代未聞の遊園地だ。

計画の発表に合わせて、この「湯〜園地」のイメージを描き出したWeb動画「100万再生で本当にやります!別府市・湯~園地計画!」を公開した。

「100万再生で本当にやります!別府市・湯~園地計画!」。動画の公開から8日目に、再生回数200万回を超えた。

ただイメージ動画を制作しただけではない。同市では、この動画を世界初の“再生数連動型公約ムービー”と位置付け、YouTubeでの再生回数が100万回を突破したら、市内に「湯〜園地」を実際につくるという公約を掲げた。

動画の狙いについて、クリエイティブディレクターの西田淳氏は次のように話す。「温泉で有名な大分県の中でも、別府は温泉湧出量が圧倒的に多く、使い切れないお湯はそのまま海に流しています。そんな『お湯が余っている街』にしかできない温泉エンターテインメント動画を制作し、別府市の『遊べる温泉都市構想』を視覚化、国内外の観光客にアピールしようと考えました」。

「湯〜園地」というコンセプトについては、「“温泉都市・別府”を国内外へアピールする役割を担う以上、動画をできるだけ多く人に見ていただく必要があります。『100万再生』という目標を共有することで、動画の内容だけでなく、別府と視聴者との“共犯関係”をつくる過程をも話題化したいと考えました。話題化のフックとして、豊富な湯量だからこそできる、今まで誰も見たことがない温泉の使い方について検討し、市長とのディスカッションを経て、“遊べる温泉都市構想”を象徴できる『湯〜園地』というコンセプトにたどり着きました」とクリエイティブディレクターの島津裕介氏。

大分県では2015年、温泉の中でシンクロナイズドスイミングを行うというユニークな動画「シンフロ」を公開し、注目を集めた。

「シンフロ」に音楽監督として携わり、今回の動画では全体のプロデュースを担当した清川進也氏は、「『シンフロ』を通して別府市の方々との交流のきっかけを得ました。その後、『シンフロ』を成功事例として、別府市オリジナルのPRコンテンツをつくることができないかと、市長や別府市観光課と協議を重ね、今回の動画制作に至りました」と話し、「シンフロ」が今回の動画を制作するきっかけになったことを明かした。

「湯~園地」の動画は、公開4日目で再生回100万回を突破し、8日目に200万回を達成。国内外合わせて述べ600以上のメディアで報道された。

PRを担当する村木みちる氏は「YouTube上では動画に対して2万5000件以上の高評価をいただき、ソーシャル上でも多くの好意的な声が発信されました。『実現したら行きたい』『楽しみ』『面白い』といった声に加え、『別府に行きたくなった』『別府は元々面白い』という別府市の魅力にも言及いただいています。『湯〜園地』の実現に向けても、多くの応援の声や『何かできることがあれば』という協力の申し出が寄せられつつあります」と手応えをのぞかせる。

別府市役所観光課は、「まずは公約を実行すべく、『湯〜園地』実現に向けて動き始めました。1年以内に、何らかの形で皆さまに披露できると思います。これを機に、さらなる観光客獲得に向けて、『湯〜園地』に絡めたプロモーションを計画していく予定です」と話した。

スタッフリスト

企画制作
Invisible Designs Lab+ドリル+電通
全体プロデュース
清川進也
CD
西田淳、島津裕介
PR
佐々木貴明
PM
和田和也、元道啓介、辻 慧介、山本祥二郎
演出
小原 譲、小田桐浩希
撮影
西垣 悟、原賀俊輔、畑井健二
照明
和田一章、長尾圭悟
録音
右田守起
HM
酒井愛子
美術
神原哲哉
タイトルロゴデザイン
いよりさき
音楽
清川進也
出演
長野恭紘別府市長、別府市役所の皆様、別府市の皆様
温泉配送
小林直輝、吉弘雄三
カラリスト
芝山仁也
編集(オンライン)
森永哲弘、鐘ヶ江あいび
マルチオーディオ
松本和久
PR(広報)
村木みちる、久保孝徳、吉本妙子


「別府市」に関連する記事はこちら

Follow Us