2016年、広告賞を最も受賞した広告は何だったのか?

share

ブレーン編集部では、2016年に発表された国内外の広告賞の結果から独自に「2016年国内外広告賞 ベストオブベストランキング」を選出。今年最も広告賞を受賞した日本の広告は何だったのか?(本記事は、ブレーン1月号の特集記事の一部を再編集したものです)

2016年広告賞ベストオブベスト(国内)

1位 宮崎県小林市「ンダモシタン小林」
2位 KDDI au「三太郎」シリーズ
3位 宝島社「死ぬときぐらい好きにさせてよ」
4位 大塚製薬 カロリーメイト「見せてやれ、底力。」
5位 長崎自動車 長崎バスシリーズ
6位 滋賀県「石田三成」
7位 オーストラリア政府観光局「GIGA Selfie」
7位 長崎新聞社 長崎新聞配達ルートデータMAP化プロジェクト「The Way」
7位 光文社/マガジンハウス「雑誌とは、時代の景色だと思う。」
7位 資生堂「High School Girl? メーク女子高生のヒミツ」

集計概要:2016年に発表された、ACC CM FESTIVAL/ADC賞/TCC賞/FCC賞/OCC賞/広告電通賞/交通広告グランプリ/コードアワード/新聞広告賞/朝日広告賞/日経広告賞/毎日広告デザイン賞/読売広告大賞/BOVAの受賞作(ブロンズ相当以上)を独自にスコア化。

国内受賞ナンバーワンは「ンダモシタン小林」

国内の広告賞の受賞ランキングで1位に輝いたのは、宮崎県小林市のPR動画「ンダモシタン小林」。2位のKDDI au「三太郎」シリーズと共に複数のグランプリを受賞し2強の争いとなったが、小林市が競り勝つ結果となった。

ランキングには、滋賀県「石田三成」も6位に入っている。昨年から今年にかけて数多く登場した地域PR動画から、2本がランク入りした形となった。その他にも地域からは、長崎自動車の長崎バスシリーズ、長崎新聞社 長崎新聞配達ルートデータMAP化プロジェクト「The Way」がランクイン。地域の広告の強さ、特に「広告が強い九州」の健在さをアピールする結果となった。

4位のカロリーメイト「見せてやれ、底力。」は、34名の美大生が手掛けた黒板アートの登場するテレビCMで、Web上でも話題になった。

次ページ 「デザインが存在感放つ国外受賞ランキング」へ続く

ブレーンの作品掲載コーナーが1冊の“年鑑”になって新登場。
いち早く、コンパクトに手に入る2016年の広告アーカイブが手に入ります。今なら広告年鑑がもらえる!お得な限定キャンペーン実施中。

「ブレーン広告年鑑2016」の詳細はこちら

Follow Us