新聞広告賞大賞は全国60紙で一斉掲載 パナソニックの創業100周年広告

share

日本新聞協会は9月6日、第38回新聞広告賞を発表した。広告主部門の大賞には、パナソニックの「みなさまと共に歩んだ100年の感謝」が選ばれた。創業100周年を迎え、全国の顧客や取引先に感謝の気持ちを伝えるため、創業者・松下幸之助氏が残した言葉や各地におけるエピソードを盛り込んだ広告を47都道府県別に切り替えて掲載。全国60紙への一斉掲載というスケール感が評価された。

広告内容は以下記事にて詳述。

100周年のパナソニック、47都道府県別の新聞広告を展開。お客さまに感謝の気持ち伝える。

贈賞は10月19日に東京都内で開催される、第61回「新聞広告の日」記念式典で行われる。今回の新聞広告賞には広告主部門に314件、新聞社企画部門に66件の応募があり、大賞以外の主な受賞結果は次の通り。

〇広告主部門・新聞広告賞
旭酒造、近畿大学、コダマ、サントリーホールディングス、三井不動産

〇広告主部門・優秀賞
味の素、阿蘇地域観光推進協議会、エプソン販売、大塚食品、CULEN、サイボウズ、サントリー食品インターナショナル、スターフライヤー、象印マホービン、宝島社、ダスキン、ドミノ・ピザ ジャパン、福井県教科書供給所、ポルシェ ジャパン、ポーラ、本田技研工業
 

Follow Us