コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

表面的な味やパッケージは花、手法や風土は種(ゲスト:佐藤祐輔)【中編】

share

【前回コラム】「新政酒造を継ぐつもりは全くなかった(ゲスト:佐藤祐輔)【前編】」はこちら

今週のゲストは、先週に引き続き、新政酒造(秋田市)の8代目当主・佐藤祐輔さん。日本酒づくりへのこだわりを熱く語ってもらいました。

今回の登場人物紹介

左から、佐藤祐輔、澤本嘉光(すぐおわパーソナリティ)、権八成裕(すぐおわパーソナリティ)。

※本記事は7月24日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

葬儀屋や池袋の郵便局で働いていたことも

権八:佐藤さんが、どういう風に日本酒に出会っていったのかというところをうかがいたいのですが、大学卒業後は就職したんですか?

佐藤:文学部に行ったんですが、作家になりたかったんです。「フィクション、ノンフィクションどっちでもこい!」という感じで。その時は勘違いして、物書きなんてすぐなれると思ってたんですよね。テレビ局の面接にも受かったので、行こうか迷っていたんですけど。地方配属になったので、「俺はすぐ作家になるから」と正式配属になる前に辞めちゃったんですよ。

澤本:凄い。

佐藤:でも、すぐ作家になれると思ったら大間違いで。3年ぐらいいろいろな職を転々としながらフィクションやノンフィクションを書いて、『文學界』に作品を出したりして。選考は途中まではいくんですけど、今考えるとフィクションはやはり色々と足りないところがありました。

僕はノンフィクションの方が好きでして。アメリカ文学は元々ノンフィクションの傾向が強いんですよね。マーク・トウェインやヘミングウェイは元新聞記者だし、ああいう感じでファクトが好きで。そうですね、あとは葬儀屋もやったり。

権八:葬儀屋!?

佐藤:池袋の郵便局でも働いたことがあります。夕方ぐらいから書留配達をしていました。ブコウスキーが好きで『ポストオフィス』という作品がありますけど、そこではいろいろな人生模様が見えましたね。ちょうどあの頃、テレビドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(TBS)が盛り上がっていた頃で、面白かったですね。

澤本:何か面白いエピソードはありますか?

佐藤:僕じゃないけど、池袋の金融業者に現金書留を届けにいったときの話。中から人が出てきて、「ありがとう、預かっておく」と言われたので渡したら、実はその人は客だったと。そのときは全額自分で賠償です。

澤本:え!?

佐藤:本当に『池袋ウエストゲートパーク』みたいな世界で、地元の人が中卒ぐらいで郵便局に入っちゃうんですよ。喧嘩で刃物出てきたり……面白いでしょ? 結構熱いんですよ。

権八:佐藤さん馴染めなさそうですね(笑)。

佐藤:馴染めないですよ。面白かったですけど。だからそんなに長くはいませんでした。

その後は転々として、友達の紹介で編集プロダクションに入って、朝日新聞社の編集局長がWebの市民新聞社をつくるからと、立ち上げメンバーで誘われて。一般の人から記事を集めて、構成して、Webに載せる新聞社なんだけど、初めのうちは市民記者も集まってないから大変でした。僕は編集で入ったけど、記者のような仕事をしてWebの紙面をうめるために記事を書き始めたんです。そうしたら業界で色々とツテができて。ジャーナリストとして独立できたんです。

澤本:個人でジャーナリストをやってたんですね。

佐藤:そうです。お堅い朝日新聞系のWeb新聞だったから、載せられない記事も膨大に出てくるわけです。それを書き溜めて本を出したりして。それで記者として仕事して、食べてましたね。

権八:なかなか酒蔵にたどり着かない(笑)。

澤本:取材などを色々されている中で「磯自慢」に出会ったんですか?

佐藤:そうです。ジャーナリストの先輩が伊豆のほうで飲み会しようと。呼ばれて行ったら、二次会ぐらいで「お前これ飲んでみろ。酒蔵の息子だろ。どう思う?」と言われたのが「磯自慢」だったんです。飲んだらビックリして。え、こんなにうまいの?と。今まで日本酒は罰ゲームの酒というイメージだったんです。

権八:そういう世代ですよね。

佐藤:頭痛くなるイメージもあって。それを飲んだら爽やかで、滋味深いというんですか。カクテルにないような味の深み、感動するポイントがあって。これすごいな、知りたいなと思って。僕は興味もったらコレクターになったり、徹底的に調べちゃうタイプなので。

権八:そこからは日本中の日本酒を……。

次ページ 「伝統産業の日本酒にもクリエイティブを」へ続く

Follow Us