球場外でフィールドの臨場感 ドコモ店舗で「VR野球」

share

NTTドコモは6月22日、千葉県内のドコモショップ3店舗で、VR(仮想現実)コンテンツ「VR野球」の展示を始めると発表した。プロ野球「千葉ロッテマリーンズ」所属4選手のピッチング、バッティングを疑似体験できるというもの。千葉ロッテのホームスタジアム「ZOZOマリンスタジアム」内の「ビーチハウスルーム」にも展示する。当面は展示のみで、新型コロナウイルス感染症拡大の収束後に来店者による体験を開始する。

「VR野球」では、キャッチャーの視点で、千葉ロッテの岩下大輝投手、種市篤暉投手のピッチング、荻野貴司外野手、井上晴哉内野手のスイングを体験できる。手元のコントローラーをグローブに見立て、捕球も行う。VRコンテンツは、ドコモショップを運営する子会社ドコモCSが制作した。自由な視点でバッティングを鑑賞できるコンテンツなどを追加する予定。球場外にいる人も観戦の臨場感を味わえるようにする。

「ビーチハウスルーム」は試合を観戦しながら懇親会などを実施できる「ZOZOマリンスタジアム」内のパーティールームの一つ。今シーズンはドコモCSが命名権を取得している。

Follow Us