メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

『逃げ恥』脚本家、野木氏が考える その時、そのメディアごとのテーマ設定の重要さ

share

炎上の多い企業SNS個人と企業の発信のちがい

SNSなどを通して、番組や作品について発信する機会も多い野木氏だが、世の中に発信するにあたり「企業(公式)アカウント」と「個人アカウント」での発信の違いについて考えることも多いという。

「個人のアカウントだからといって、何でも発言してよいというわけでは決してありませんが、企業アカウントによる発信には大きな責任が伴います。

私の場合、個人であることと作品を背負っているという中間の立場から、企業アカウントや番組の公式アカウントでは発信できていないことを、補助情報のような位置づけで発信することもあります。“炎上”が多い昨今、立場を考えて発言することに、今まで以上に気を配る必要があるのではないでしょうか」と、発信することへの考えを話した。

広告は、最先端を提示する世の中にとっての憧れの存在

企業の発信のあり方については、広告に関しても同じことが言えるという。

「SNSでの発信同様、広告においても、“企業として発信することによる影響”を深く考えてから発信する必要があると考えています。個人が『表現の自由』を掲げて発信をするのと、企業が発信するのでは、世間の人々からの捉えられ方は異なります。“バズる”ことによる話題化はもちろん大きな効果があると思いますが、“バズる”なら何でもして良いというわけではない。広告によって誰かが傷つくといった悲しいことは起こらないでほしいです。ブランドとしての誇りを持った、TPOを意識した広告コミュニケーションが大切だと思います」。

野木氏は、広告とは「最先端のことを世の中に提示する、憧れの存在であってほしい」という。

「例えばテレビCMは、15秒30秒といった短い時間の中に、たくさんの人々の想いが詰まっていますし、多くの費用や時間をかけて制作されています。だからこそ、見た人が憧れるようなものであってほしい。炎上広告が有名になってしまうのではなく、良い広告が良い広告として話題となり、認められる。そのような世の中であってほしいと願っています」と、広告に対する期待を語った。

PROFILE

野木亜紀子(のぎ・あきこ)

1974年、東京都生まれ。日本映画学校卒業。映画『図書館戦争』シリーズ、『アイアムアヒーロー』、テレビドラマ『空飛ぶ広報室』『逃げるは恥だが役に立つ』などの脚本を手掛ける。オリジナル作品としてテレビドラマ『アンナチュラル』『獣になれない私たち』『フェイクニュース』『コタキ兄弟と四苦八苦』『MIU404』など。

 

月刊『宣伝会議』2月号(12月28日発売)

【巻頭特集】
役割が細分化する時代 いま、知るべき「全体知」とは?
2021年 マーケティング予測

▽注目の記事を一部ご紹介!
〇消費者理解とブランドの存在意義で成り立つ
組織でつくるブランドマネジメント
ジョンソン・エンド・ジョンソン 黒木昭彦氏
〇2020 年の秀逸事例で振り返る
コロナ禍で求められたマーケティングとは?
ニューバランスジャパン 鈴木 健氏/花王 廣澤 祐氏/電通 多々良 樹氏
〇大手プラットフォーマー 2021年の展望
Twitter、LINE、Facebook

 
【特集】
顧客起点で企業のDXを推進!
注目の34社のマーケターが見据える2021年の戦略

I-ne/アサヒビール/アンファー/伊勢半/オルビス/花王/関西電力/キッコーマン/グリーンハウスグループ/サッポロビール/資生堂ジャパン/シック・ジャパン/スタイリングライフ・ホールディングス BCL カンパニー/SUBARU/第一三共ヘルスケア/ディー・エヌ・エー(DeNA)/ディノス・セシール/デル・テクノロジーズ/東急ハンズ/八代目儀兵衛/パルコ/バング・アンド・オルフセン・ジャパン/フェリシモ/富士通/
ブリストル・マイヤーズ スクイブ/マツダ/丸亀製麺/ユー・エス・ジェイ/UCC上島珈琲/横浜DeNAベイスターズ/ライオン/ライフネット生命保険/LIFULL/ロクシタンジャポン(五十音順)

 
【特集】
「雑誌ブランド」のコミュニティ力を顧客開発に生かす

▽注目の記事を一部ご紹介!
〇「広告メディア」の先に広がる可能性
雑誌のブランド力に何を期待する?
アイロボット 高川弥生氏、ファンケル 福本幸蔵氏
〇出版各社の戦略
新潮社、集英社、小学館、マガジンハウス、日之出出版、文藝春秋