“歌のない卒業式”に「カロリーメイト」が歌を贈るプロジェクト開始

share

大塚製薬は2月19日、歌手の森山直太朗さん協力のもと、バランス栄養食「カロリーメイト」の卒業応援プロジェクトとして、「『さくら』を贈るプロジェクト」を開始した。同ブランドが毎年実施している受験生応援企画の一環。

本プロジェクトは、新型コロナウイルス感染拡大防止のために卒業式で歌が歌えない学校が多い中、友人やお世話になった先生へ、思い出と感謝を動画で届けるというもの。

特設サイトに用意された「卒業動画メーカー」を活用することで、誰でも簡単に卒業動画を作成することができる。自身の思い出の動画をアップロードするだけで、『さくら(二〇二〇合唱)』を歌う森山直太朗さんの映像や曲にのせたオリジナル『さくら』卒業動画が作成される仕組みだ。

『さくら(二〇二〇合唱)』は、同社が昨年11月に放映した受験生応援のテレビCM「見えないもの」)篇に使用する際に、特別に再レコーディングしたもの。

作成した動画は、卒業式やクラス会などのイベントで上映したり、YouTubeやTwitterなどのSNSで共有することができるという。

卒業動画メーカーのイメージと動画作成のフロー。
完成動画のイメージ。同ブランドのCMでは、これまでにブルーハーツ(2018年)やYOSHI(2019年)など毎年様々なアーティストの名曲を採用してきた。

カロリーメイトブランドはこれまでも、卒業生応援だけではなく、部活動に励む学生を応援するプロモーションも実施してきた。2018年夏には「部活メイト」と題したキャンペーンを展開。インターハイ30競技の部活に取り組む学生たちにインタビューし、撮影したグラフィック広告をOOHとして出稿した。

さらに昨年7月には、Web動画「2020年、夏、部活。」篇を公開。テーマを「2020年の部活生たちの自主練」とし、コロナの感染拡⼤の影響により、様々な大会が中止になる中、それぞれの想いを胸に、今に向きあう学生たちの姿を追いかけた。

Follow Us