「W Osaka」オープン 大阪の粋な遊び心が、ミレニアル世代を動かす?

share

積水ハウスとマリオット・インターナショナルは3月16日、日本初上陸となるブランド「W(ダブリュー)」として世界で58番目となるラグジュアリー・ライフスタイルホテル「W Osaka」を開業した。

大阪市の中心部を南北に走る御堂筋に面し、ラグジュアリーブランドが軒を連ねる心斎橋やナイトアウトが楽しめるなんば・道頓堀が徒歩圏内という好立地。

コンセプトは、“泊まるだけのホテルじゃない、クリエイティビティを解き放つ「大人の遊び場」” 。コロナ禍でインバウンドが縮小するなど、ホテル業界にとって逆風下での開業だが、革新的でインスピレーションに富むホテルとして注目を集めている。

総支配人の近藤豪氏は「私たちが開業するのは、ホテルではなく“目的地”であると捉えています。『W Osaka』があるから大阪に行こう、と思ってもらえるような魅力が詰まった場所でありたい。大阪から日本を元気にし、世界に情報を発信したい」と抱負を語った。

ターゲットはミレニアル世代

1998年にニューヨークで誕生した「W」。同社が掲げるコアバリューは、BOLD(大胆さ)、WITTY(知性、小生意気さ)、INSIDER(情報力、高いアンテナ)の3つだ。

マリオット・インターナショナルのカール・ハドソン氏(日本・グアム担当 エリアヴァイスプレジデント)によると、これらは大阪人にも共通している。大阪には「ウィットに富んだ明るい性格」や「自分の言葉で発信する力」を持っている人が多いからである。背景には商人の町として栄えてきた歴史や文化もある。そして、同ホテルがターゲットとするミレニアル世代の価値観とも符合するものだという。

ハドソン氏は東京など他都市に先んじて大阪で開業した理由について「Wが持っているエネルギーは活気あふれる大阪との街にとてもよくマッチするだろう」と明かした。

また、Wホテルズ & コレクション・ブランド ブランドマネージメントディレクターのジェイコブ・デ・ボーア・ドレーゴ氏は、「私たちがイメージする顧客は、セレブやテックのビリオネアだけではない。お行儀は良いけれど大胆な姿勢を忘れないディスラプター(創造的破壊者、内なる反逆者)とパッションを共有したい」と語った。

ドレーゴ氏は同ホテルが際限なき可能性に挑むためのミッションとして「Whatever/Whenever®(いつでも、どんなことでも希望に応える)」を紹介。このミッションを通じて伝えるべきパッションポイントとして、「DESIGN・MUSIC・FASHION・FUEL(エネルギーの源)」の4つを挙げた。

次ページ 「安藤忠雄氏と日建設計がデザイン」へ続く

Follow Us