コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

次に演じたいのは、“ガサツな役” か “恋が実る役”(ゲスト:堀田 真由)【後編】

share

【前回コラム】“朝ドラ女優”のルーツは、「スーパー小学生」時代にアリ?!(ゲスト:堀田 真由)【前編】

今週のゲストは、先週に引き続き女優の堀田真由さん。これまでのイメージを覆す「ガサツな役」に挑戦したいと語るその意気込みに、ほっこりムードだった澤本・権八もいつしかタジタジに?!

今回の登場人物紹介

女優の堀田真由さん。

※本記事は2022年3月6日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

人よりも「青春」しているかもしれない

中村:3月4日に公開となった映画『ブルーサーマル』の主人公「つるたま」ちゃんこと都留たまき役を、堀田真由さんが声優で演じられています。これは原作が漫画ですが、あらかじめ内容はご存知でしたか?

堀田:恥ずかしながら、最初は知らなかったんです。でも、オーディションを受ける前に漫画を全部読ませていただきました。これまでの声優のオーディションの時は、作品自体は知っていても、原作とはだいぶ変わっていたり、プロットをもらっていなかったりでした。なので、とりあえず現場に行ってやってみる、という感じだったんですね。

今回の『ブルーサーマル』は、原作を読む時間もあって、「こういう映画をつくりたい」というプロットも先にいただいていました。皆さんがこの作品にかける思いを、すごく感じていました。私もそこに合わせた準備をしてオーディションに臨めたので、これまでとはまたちょっと違ったオーディションでしたね。

権八:これはねぇ~。いろんな意味で、「 もう、こういう恋なんてできないなぁ……」というかさ……。

堀田:あはははは。

中村:やっぱり、そうですよね(笑)。おじさんとして初めに思うのは、「若い頃、そういえばこんないいことあったなぁ……」みたいな。

権八:え?若い頃、こういうことあった?!

中村:いや、全然……。

一同:はははは!

権八:若い頃も、今もないんだけど(笑)。まぁでも、イイですよね。

堀田:いいですね~、青春ですね!

権八:青春してるんですか、堀田さんは?

堀田:青春ですか?あっはっは!青春……。どうなんだろう、「青い春」。してるのかなぁ~~?でも、近年は「学園モノ」が結構多かったので、そこですごい青春をしましたね。『チアダン』(2018年 TBS系)だったり、『「3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)だったり、映画でも『ハニーレモンソーダ』(2021年、 神徳幸治監督)とか……様々な学校を経験したので、ある意味、人よりも青春はしているかもしれないですね(笑)。

権八:……。上手いかわし方ですね(笑)。

堀田:あっはっはっは!

中村: 改めて、映画『ブルーサーマル』をご覧になった感想はいかがですか?

堀田: 最初は、原作を読んでいたので。漫画って、モノクロじゃないですか。

権八:あ~!はいはいはい。

堀田:なので、これが映像になった時にどんな色になるんだろう?というのがすごく楽しみでした。 自分が想像していた以上に、空の青さとか自然の描写が本当に美しくて「アニメーションは、すごくリアルなんだなぁ」と思いましたね。グライダーが飛んでいく瞬間に風が起きて、草木が揺れていたり、太陽の近くを通った時に翼が綺麗に輝いていたり。そういった細かい部分がアニメーションって本当にすごいなぁ、と試写で見た時に思いました。

権八:いや、でもホントにそうですよね。もちろん、人間ドラマというか青春群像劇がメインテーマなんだけど、やっぱりあの空からの景色というのは見せ場ですよね。

堀田:後半にも、色々あって。

権八:様々な所に行きますけど、ホントに綺麗ですよね。

堀田:綺麗でしたね、映像が。

権八:そうですよね~。ご本人的には「特にここを見てほしい」といった部分はあるんですか?

堀田:そうですね。「空知」というキャラクターとヒロインの「つるたま」は、お互いにぶつかるタイプなんですね。もちろん台本はありますけど、セリフが終わった後にアドリブで「空知」役の榎木淳弥さんと結構言い合いをしたりして。そこがかなりコミカルでしたね。つるたまちゃんが長崎弁なので。

権八:長崎弁、そうだよね~!

堀田:そうなんです。私は普段は関西弁なので、そこの難しさもありましたけど。やっぱり長崎弁て、すごく可愛いんですよね。

権八:最初は、お母さんが何を喋っているのか分かりにくいよね? 訛りすぎてて……(笑)。

堀田:あははは。訛りがすごいですからね、お母さんは。

権八:劇中のセリフで、アドリブのやり取りがあるんだ?

堀田:アドリブは、後半に結構ありましたね。

権八:僕はてっきり、「空知くん」といい感じになるのかな 、と……。

中村:と、思いきや?!

堀田:「倉持さん」ともどうなるのかな?みたいな、三角関係もあるんですよね。

権八:この付かず離れず、「コレ、どうすんだよ?!」みたいなね。

澤本:はっはっはっは!

権八:「ハッキリしろよ!」みたいな。つるたまちゃんご本人は「ラブで揺れてる」という感じでもないもんね。もうちょっとこう……。

堀田:つるたまは、どちらかというと「両方にラブで揺れる」というよりは、 彼女自身がいるおかげで2人が取り合っている、という関係性ですね。

権八:彼女は天真爛漫というかさ。ちょっと「天然」が入っていて、マイペースの天才肌でね。

堀田:そうですね~。

CM撮影は「準備万端」で臨むタイプ

権八:ご本人とつるたまちゃんの性格の違いはどうですか?

堀田:え~、どうだろう……。割と近いなと思うのは、私は誰とでも喋れるし、すぐに仲良くなれるタイプなんですね(笑)。そんなところは似ているのかな、と思います。逆に、似ていない部分は、彼女は最初から天才肌でグライダーの素質がある人なんですけど、私はお仕事をする上ではすごく不器用なので、準備をたくさんしないと心配だったりしますね。勢いだけでいけるタイプではないところが、ちょっと違うかもしれない、と思いました。

権八:そうなんだ?ちゃんと準備したい方なんだ。

堀田:そうですね。ちゃんとやらないと、怖くなっちゃいますね。

権八: はいはい。例えばね、僕らはCMの仕事が多いんですけれども。「CMの撮影があります」という時に、絵コンテがきますよね?それは、事前にちゃんと見ます?

堀田:見ます見ます!(笑)もちろん、台詞も全部覚えて行きます。

権八:マジで?役者の鑑ですね~。

堀田:いやいやいや……(笑)。

澤本:「見てこない人」がいるんだよね。

権八:うん。「全く見てこない人」がいるんだよね。

一同:笑い

権八:誰とは言わないけどね(笑)。人によっては、ちゃんとね……。

堀田:「それがいいタイプ」の人もいるんでしょうね。

権八:それがいい、のかな……?!

一同:ははははは!

権八:まあまあ、そうだね。「瞬発力」というかね。

堀田:そうですよね、感覚的な。

澤本:CMの現場で、追加でセリフをお願いされることあるでしょ?決まっていたセリフの他に。

堀田:あ~、あります、あります!

澤本:その時はどうですか?イヤな気持ちがする?

堀田:いや、そんなことはないです。

澤本:それでも大丈夫ですか?

権八:でもそれ、「イヤな気持ちがする」とは言いにくいと思うけど……(笑)

堀田:あっはっは!セリフがゴロッと変わったら、さすがにテンパりますけど……。その時は、私というよりは後ろから「大人」が出ていくと思う(笑)。

一同:爆笑

堀田:私は、何も思っていないですけどね(笑)

中村:“張り詰める瞬間”というかね。「聞いてないんだけど……」と。

堀田:はい、まさに”張り詰める瞬間”ですね(笑)

権八:面白いね〜!(笑)

堀田:あははは、私は全然大丈夫なんですけど(笑)。

権八:あまり設定がガラッと変わっちゃうとね。だから、セリフのバリエーション変更程度なら別に大丈夫、と?

堀田:そうですね。

権八:例えばね、この間出てくれた岡田将生さんの場合は、「ドラマや映画だったら内容を理解して準備して行けるけど、CMだと撮影が一日で終わる場合もあるし、背景の全てを理解するわけにもいかない」と。だから「逆にCMが一番難しい」って言っていましたね。

堀田:あ~、なるほど~!

中村:演技だと「役づくり」があるけど、CMだと堀田さん本人が「キャラ」だったりするじゃないですか?

堀田:そうですね、自分自身なので。

中村:岡田さんの話は、しかも、それを15秒ぐらいの短い時間で出すとなると、かえってすごく難しいという話だったんですけど。堀田さんとしてもCMの場合と、アニメやお芝居の場合では違いがありますか?「用意の仕方」というか……。

堀田:たしかに、CMだと秒数が決まっていますよね。でも、お芝居の現場だと時間は後から編集されるものなので……。CMの場合は「これが何パターン目のものか?」によって、セリフの“巻き度”なども変わってきますよね。たまに、セリフが多い時があるんですけど、「え、15秒なのにコレ全部入るんかな?」みたいな(笑)

一同:はっはっは!

権八:すいません、ホント。ついつい書きすぎちゃうんだよね、セリフ……。

堀田:いえいえ(笑)。その時は、「じゃあ、どうやって言えばいいのかな?」と考えますけど。あとは「角度」って難しいですよね。

権八:「角度」というと、体の?

堀田:商品の角度ですね。やっぱり、それは意識しますよね。

澤本:ああ~!

権八:「商品を“反時計周り”に」とかね。

堀田:そうですね(笑)

権八:何回も撮るでしょ?CMって。

堀田:そうですね、結構パターンが多いですよね。

権八:イヤですよね?

堀田:イヤではないです!(笑)

一同:ははははは!

権八:イヤじゃない?!楽しい?それなら、いいんですけど(笑)

中村:CMって「カット!」の声がかかった後、「スゴく良かったです!もう一回、やってみようか?」ってありますよね。

堀田:あはははは!

中村:あれ、どういうことなんだろうな、と(笑)

堀田:「イイんちゃうん?!」っていう(笑)

一同:ははははは!

権八:いいですね~。でも、「誰とでもお友だちになれる」って言ったけど、すごく“気ぃつかい”ですよね?

堀田:はい、そうですね。“気ぃつかい”ですね。

権八:それは、疲れちゃいませんか?ひとりになった瞬間に、ウイスキーの瓶を蹴っ飛ばしたりしてない?大丈夫?!(笑)

一同:はっはっはっは!

堀田:それはしていないですけど、「今日はお酒が飲みたいな」みたいな日はありますね。ひとりで飲みたいな、と(笑)。

権八:はいはい。ひとりで飲むとしたら、おうちで飲むんですか?

堀田:仕事の前日は、次の日が気になって飲めないんですけど……。

権八:あ~、むくんじゃったりするから?

堀田:それもありますし、セリフがあると……。なので、作品の撮影中はほとんど飲むことはないですね。でも、仕事で地方に行けた時は、まずは焼肉屋さんを探して、絶対に生ビールを頼んで(笑)。「塩タン」をいただきますね。

権八:塩タンをいただきますか。イイですね~、最高ですね!

堀田:一杯目がもう……最高ですね!

権八:ちょっと、これはもう「ビールのCM」争奪戦ですね(笑)

堀田:あはははは!そうですか、もう、最高です(笑)


次ページ 「堀田真由 2022−2023 カレンダー」発売開始! へ続く

Follow Us