メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

カインズの動画が50万回再生 企業理念を表現、将来の顧客層向け

share

カインズのオンライン動画が好調だ。公開から約3週間で、再生回数は50万回を超えた。企業理念を広く浸透させる施策の一環で、流入の強化も図っている。

カインズは11月7日、「小さな椅子の物語」と題した3分20秒のWeb動画を公開した。翌日時点で再生回数は3万回を数えた。メインターゲットは10〜30歳代前半。企画制作はPOOL、東北新社。

これまで配信してきた動画と比べ、流入施策を強化した。YouTube広告を出稿したほか、プレスリリースの配信、SNSの自社アカウントで告知している。

カインズが配信しているオンライン動画『小さな椅子の物語』。実店舗のデジタルサイネージでも流している

動画の主役は、ある父親が娘とともに自作した「小さな椅子(いす)」だ。幼かった娘が成長し、自分の子どものために椅子を直すまでを描く。カインズ従業員と来店者との間にあったエピソードを基に、企業理念をなす「カインズらしい価値観」のひとつ、「Kindness」を表現した。

メインターゲットは20歳代〜30歳代前半で、10代も対象に含めている。目標は累計再生回数で100万回、最後まで視聴した人の割合(=完視聴率)が20%。従業員の、自社へのエンゲージメント(=関与度)の向上といった期待もある。

「将来的に当社の顧客の主軸となるであろうM1層、F1層を中心にアプローチを進めている。今回の動画も、お客さまとの絆を深め、持続的なカインズファン醸成の基礎となるコミュニケーションに貢献するものと考えている」(カインズ)

カインズは2018年に「IT小売宣言」を発表。翌19年からを「第三創業期」と位置づけ、20年には新たな企業理念を打ち出した。顧客との”約束”を表現した「くらしに、ららら。」や、「カインズらしい価値観」として、「Kindnessでつながる」「創るをつくる」「枠をこえる」を設定した。

カインズのWeb動画『小さな椅子の物語』の1カット
カインズのWeb動画『小さな椅子の物語』の1カット

オンラインとオフラインの融合施策も強化する。現在実施している「カインズ DIY スクエア」は、DIYにまつわる疑問点をオンラインで質問・回答し合ったり、オフラインで開催されるワークショップで交流できたりするコミュニティだ。来店が難しい顧客向けに、ECサイトの商品数や配送サービスも向上させつつある。

「企業をベースに、カインズブランドをあらゆる顧客接点で一貫して表現し、浸透させていきたい」(カインズ)


 

CD
是永 聡
C
後藤 亮平
プロジェクトマネージャー
髙橋 慶、齋藤 由香
Prd
青木 卓郎
PM
田島 弘基
企画+演出
小林 洋介
カメラマン
星 潤哉
照明
小林 洸星
美術
今西 みゆき
ST
神田 百実
ヘアメイク
関谷 佳代子
CAS
山内 雅子
ロケーション
下山 大輔
カラリスト
奥津 春香
編集(オフライン)
川村達哉
MIX
平田 愛
音楽
山田 勝也
出演
松島正芳、山本紗々萊、岡嶋祐花、矢吹百花、國府田望翔、逢坂歩叶、佐々木亮、原田もも子

 

Follow Us