メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×
コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

この映画には、全てむき出しになった 「裸の吾郎」 が出ています(稲垣吾郎・今泉力哉)【後篇】

share

【前回コラム】『窓辺にて』の脚本は、僕の心の奥底をわかっている感じがした(稲垣吾郎・今泉力哉)【前編】

今回の登場人物紹介

今週のゲストは、先週に引き続き、稲垣吾郎さんと映画監督の今泉力哉さん。今回は、映画『窓辺にて』の魅力について、思う存分語り合ってもらいました。全てがむき出しになった、「裸の吾郎」 必見です!

左から、稲垣吾郎、今泉力哉監督、中村洋基、権八成裕(すぐおわパーソナリティ)、澤本嘉光(すぐおわパーソナリティ)

※本記事は2022年10月30日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

断罪される浮気や不倫にも、いろんな感情があるはず

中村:来る11月4日に公開となる映画『窓辺にて』。これは、ざっくり言うとどんな映画なんでしょうか?

今泉:はい。稲垣吾郎さん演じる市川茂巳という男は、元々小説を一冊だけ書いて今はフリーライターをしているんですね。それで彼の奥さんが不倫をしていて。それに主人公は気づいてはいるんだけど、そんなに大きな感情が自分の中に沸かなくて。ということは、愛情があるのかないのかと悩んだり、そうした悩みを誰に相談すべきなのか、ということでも悩んでいく、みたいな話で。その「感情の動かなさ」にショックを受ける、みたいな、ちょっと複雑な設定ではあります。元々は、奥さんが浮気とかした時、自分は怒ったりできるのかな?と僕自身が思ったことが着想になっていまして。

稲垣:不思議な映画でしょ?これを聞くと。どんな映画かわからないよね?

権八:あはははは!でも、めちゃくちゃ面白かった。

稲垣:夫婦とか恋人とか、いろんな男女の登場人物が出てきて。なんか、みんなフワフワしているんですよね(笑)。

一同:(笑)。

今泉:そう、浮気とか不倫があちこちで起きていて。今は、不倫とか浮気があまりにも断罪されるというか……。もちろん、良くないことなんですけど、「消される」ぐらいの勢いが、自分の中ではちょっと。その中にもいろんな感情があるはずなのに、とか思ってしまうんですね。そういったことが「悪」とされるのは、その時間がすごく楽しいとか、イチャイチャしてる、とみんなが思っているからだろうな、と思っていて。実は、その時間の中にも、罪悪感とか、なんなら浮気相手の側にしてみたら、純粋な片想いだとか、いろんな感情があるはずなのに。それを「はい、これは絶対にダメ!」といって終わらせるのは、どうなんだろう?と思って描いた話でもありますね。

澤本:なるほどねぇ~。

中村:初めて脚本を読まれた時は、パートナーが浮気をしていた時に「それほどショックを受けない自分」みたいなのがいるかも、って、思ったりしました?

稲垣:いや、あのぅ~……。思って、しまったんですよ。

一同:(爆笑)。

中村:「待ってました!」と言わんばかりに(笑)。

稲垣:いやぁ~、でも、そうなると思う!

権八:あっはっはっは!!

稲垣:その時によっても違うとは思うんだけど、なんだろうなぁ~……。基本は、喜怒哀楽をあまり人に見られたくないし。それは、愛する人にもバレたくないんですよ。

中村:あぁ~!それは面白い。

稲垣:なんか、不思議なんですよね。厄介な人間であって、僕は。みんなが盛り上がっている時にそこにノレなかったりとか。結構、僕はそういうところがあるんですよ。「ここはみんな、当然悲しむところだよ」みたいなところで、ちょっと引いちゃったり、とか。天の邪鬼というのか、なんでしょうね?カッコつけてるのかわからないんですけど。

人を「好き」と思うのは、どういうことだろう

今泉:稲垣さんとこの映画の取材を他で受けた時に、稲垣さんがふらっと「明日のこととか考えちゃうんだよね」って言っていたのが、すごく象徴的だと思って。冷静になった時に、「昨日のあの怒りって……」みたいなこと、考えちゃう。たとえば、賞をもらうような嬉しい瞬間とか、公開の初日で登壇している時に、僕にはどこかで罪悪感もあるんですよね。この状況を羨ましがっている人がいるな、みたいに。自分は人に「嫉妬する側」の人間なので、何か良い状況にある時は、「どこかには、これを羨んでいる人がいるよなあ」と。だから、一面的に感情を「ワッ!」て出すのが、すごい苦手なんですよね。

稲垣:そういう感じ、権八さんにはなかった。

一同:あはははは!

稲垣:権八さん、感想を聞かせてください。

権八:いや~、とにかく面白かったですね。最高でした!

今泉:ありがとうございます。

権八:で、監督のそういう考え方もあるし、吾郎さんの喜怒哀楽を出すことへの躊躇というか、それを第三者の自分が客観的に見ちゃう、みたいな感じはすごいわかるんだけれども。その一方で、この映画のテーマは、人を本当に「好き」と思うことって、どういうことなんだ?って部分を、グリグリとえぐっていくじゃないですか?相手に裏切られたのに怒りがわかないってことは、好きじゃないのかな……?でも、果たしてそうだろうか?みたいな。

稲垣:そう!

権八:じゃあ、「好き」ってなんだろう?とか。

稲垣:そう~!!

権八:あっはっはっは!

稲垣:すっごいわかる!

権八:ですよね?

稲垣:昔はそんなこと考えなかったけどさ、20代の若い時は。「好き」って、好きでしょう、と。やっぱり今、この年齢になってくると、考えちゃうよね。じゃあ、今の「好き」って、あの時の好きより想いが深くなかったら「好き」って言葉を簡単に使っちゃいけないのかな、とか。

権八:はいはいはい!

稲垣:なんか、どんどんどんどん面倒くさい人間になってきちゃって……。

澤本:あはははは!

権八:いやぁ~、でも面倒くさいですよ、人間はね。僕が映画を観ながら思い出したのは、昔、ある映画監督の奥様が話してくれた話なんだけど。その奥さんが、その監督のことをすごい好きなんですよ。でも、あまりにも好きだから、もしも監督に好きな人ができたとしたら、監督が本当にその人のことを好きで、その人と一緒にいたいと思うなら、私はそれすらもちょっと嬉しく思うところがある、と。

一同:ほぉ~!!

今泉:面白い感情ですね~。

権八:そう、面白い感情です。

稲垣:「自分のものにしたい」とかはないってことなんですか?

権八:そう。「独占欲」みたいな話じゃないですか、この映画が触れようとしていることって。だから、果たして自分がそうなった時にどういう反応をするのかな?とか。過去にはどうだったかな、とか(笑)。色々と……ねぇ~?あっはっはっは!!

中村:澤本さんは、思いました?

澤本:いや、僕は今の話で言うと、「本当に、それを本心から言ってるのか?」っていうのを、まずは疑っちゃうのよ。

権八:ああ~!なるほどね。

澤本:たぶん、「こんなこと言ってかわいそうに」って思っちゃう方なので。そっちは難しいなと思うけど、そういう人もいるのかなって。つまり、「いろんな人がいる」という視点ではいいと思う。僕は『窓辺にて』を試写で見て、すぐに「最近見た中で一番面白かった」って監督に送ったんですけど。でも、これは稲垣さんだから面白いんですよ。

稲垣:本当ですか?

澤本:本当です、本当です。なぜかというと、同じ役を違う人がやってたら、腹立ちますよ、これ。

一同:(笑)。

稲垣:あ、そうですか……。まあ、でもそうですよね。ちょっとひょうひょうとした感じですか、僕のは。

澤本:そうですね。何か動じていなくて。僕らがテレビCMを企画する時も、「そういう人」だと思って書いているんですよね。

稲垣:なるほどね~!

澤本:だから、むちゃリアルに見えるという、逆に。

稲垣:う~ん、面白いですね。やっぱり、長年やってきた僕のイメージであったり、皆さん「稲垣さんはこういう人だもん」って言ってくれるじゃないですか?なんか嬉しいですよね。そうやって、それぞれの中での「稲垣さん像」みたいなのをつくってくださっている、というのが。

次ページ 「稲垣吾郎の存在が「メジャー感」を演出する!?」へ続く

Follow Us