メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

イオンリテール イオンネットスーパー島を「あつまれどうぶつの森」内に立ち上げ

share

 
イオンリテールは2023年2月28日、Nintendo Switch専用ソフト「あつまれ どうぶつの森」のゲーム内で体験できる、イオンネットスーパー島(じま)を公開した。

この島は、顧客のオーダーに合わせて商品を選ぶ様子や梱包作業など、日ごろ目にすることのできない「イオンネットスーパー」のサービスの裏側を、ゲームを通して知ってもらう目的で立ち上げられた。また、ゲームを通して認知を広げ、子どもにとっても身近な存在として「イオンネットスーパー」の仕事を疑似体験してもらう狙いもあるという。

ゲーム内では、実際の業務と同様に、店頭で顧客の代わりに商品を選ぶ様子などが再現されている。

島はイオンの店内とネットスーパーの作業場を疑似的に再現。店内には果物・野菜売り場、肉売り場、魚売り場などスーパーではお馴染みのコーナーが再現されている他、顧客からも好評な上履きや焼き上げパンなどの売り場も再現されている。

また、ロッカーで受け取り可能な「PickUp!ロッカー」など、店内の設置物も忠実に再現。その他、街の中に「置き楽」サービスのBOXを設置したり、配送車が走っていたり、とディテールまでこだわったつくりとなっている。

さらに、「マイデザイン」と呼ばれるゲーム内アイテムも配布。ネットスーパーの「ネスパマーク」や「イオンネットスーパーエプロン」を入手できるという。

「あつまれ どうぶつの森」のゲーム内で島を公開した経緯について、担当者は「当社のネットスーパーについて、サービス利用時だけでなく色々な場所で認知してもらう機会をつくりたいと常々考えており、今回の島公開もその中の一つ。コロナ禍でネットスーパーの便利さが多くの方に認知され、今後も利用者は増えていくと考えており、今回のように違った角度からのアプローチでさらなる認知拡大、利用拡大を図った。

また、現実ではなかなかお見せすることができない作業場にも、ゲーム内であれば入れるなど、直接見聞きすることの少ない業務を知ってもらうことで、親近感を持って実際のサービスを利用できるように、という想いも込めた」と語った。


 

Follow Us