7周年の「PRESS BUTTER SAND」がファンイベント開催

BAKEが運営するバターサンド専門店「PRESS BUTTER SAND」は2024年4月に7周年を迎えたことを記念し、5月25日にファンイベント「&U with PRESS BUTTER SAND」を開催した。昼と夜の2部制で行われ、総勢40名のファンが参加した。

グラフィック 実データ
写真 イベント会場の様子
写真 イベント会場の様子
イベント会場の様子。

本イベントでは、BAKEのブランド戦略部、商品企画開発部の担当者計4名が登壇。トークショーが行われ、商品が生まれるまでの背景や商品づくりの裏側が明かされた。ブランド戦略部 チームスペシャリストの桑島加奈氏は商品化されるまでの流れについて「1年先の商品を考える必要がある」というエピソードを披露した。

「商品化する際には、過去やその年のトレンドをリサーチしてから企画を出し、実現可能か商品企画開発部と相談。その後、クリエイティブ部も加わって試食と調整を繰り返しながら商品を確定させ、店舗運営部と『どう効果的に販売するか』の調整を行います。クリエイティブ部が商品開発の段階から入ることで、味をパッケージにも反映し、見た目からも美味しい商品を作っています」(桑島氏)。

写真 トークショーの様子
写真 トークショーの様子
トークショーの様子。

また、商品開発企画部 マネージャーの立岩紗知氏は工場への落とし込みについて、手作りと工場生産では味に違いが出てくること・その微調整に時間をかけているということなどを話し、企画や開発の観点から時間をかけるブランドのこだわりを共有する機会となった。

イベント中盤では、「PRESS BUTTER SAND」の新たな楽しみ方を提案する、ペアリング講座を実施。コーヒーで行われた昼の部はフリーランスバリスタの藤岡響氏、ワインで行われた夜の部はJSA認定ソムリエの岩倉久恵氏が講師を務め、「バターサンド」「バターサンド〈桃〉」をより美味しく食べられるペアリングを紹介した。

写真 ペアリングの様子
ペアリングの様子。

イベント終盤には、ファンとBAKE社員との交流会も実施。参加者からは、「スタッフさんの想いが伝わってきて幸せな気持ちになりました」「こういうイベントに参加するとプレスバターサンドのファンでいて良かったと思う」などの声が寄せられたという。また、参加したBAKE社員は、「ファンがいることが何よりもの栄養だと思った」「大変なことはこの日を思い出して自分を奮い立たせたい」とコメントした。

advertimes_endmark


この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事