コラム

CSR視点で広報を考える

“Fire & Forget”理論が語るディスコミの影響

share

ITの進化がコミュニケーションを風化させる

“Fire & Forget”とは、米国が誇る巡航ミサイルの性能の良さを説明する言葉として著名である。発射ボタンを押しさせえすれば、後は忘れていても標的に当たる、との趣旨だが、最近では全く違う意味で使われることがある。この10年でITの進化は目を見張るものがあるが、その中でもE-mailの台頭は、コミュニケーションのあり方を一変させた。伝えたい時、場所を選ばず、送信さえすれば相手が好きな時、場所で内容を確認できる手軽さ、便利さで世界を席巻した。そのうち会話は忘れ去られ、E-mailを発信すれば、後は読むかどうかの責任すらも相手次第、との間違った考え方まで生まれ、それを皮肉り、この言葉が使われるようになった。E-mailは、膨大な情報の伝達や意見交換という意味では非常に有効であるが、相手の理解を引き出し、真意を汲み取る非常に重大な局面では会話の比ではない。

先日、ある企業のプロジェクトでリーダーがスタッフに「●月○日にメールで指示した件はどうなっている?」と聞き、スタッフは「最近まで海外出張中だったもので、まだ全てのE-mailを読み切れてなくて……」とできていないことを詫びていた。あたかもスタッフが一方的に悪いようにみえるが、本来逆である。電話一本上司が部下にかけていれば出張で不在はわかり、他のスタッフに指示できたはずである。このような事態が社内だけでなく、ステークホルダーに対しても当然のように行われている。

ある会社のスタッフと話した。彼女は上司からクライアント企業に電話をかけ、面談のアポ取りを依頼された。できないと断ると、相手との会話を想定したコールスクリプトまで渡されたが、結局電話をかけることはなくE-mailを送信したという。相手との会話ができない人が増えてきていることに愕然とした。本来、ステークホルダーダイアログでの双方向の意見交換こそCSRの基本だが、企業側の押しつけになってはいないだろうか?

白井邦芳「CSR視点で広報を考える」バックナンバー

「CSR視点で広報を考える」バックナンバー

Follow Us