コラム

現代の平賀源内に会いに行こう~これからの広告コミュニケーションの行方を探る~

「iemo」の成功から広告が学べること——創業者の村田マリさんに聞きに行く

share

【前回のコラム「広告で世の中を動かすことが難しい時代に必要なこと——POOL小西利行さんに聞きに行く」はこちら

広告と事業の共通点を探る

須田:今回の「現代の平賀源内」は、僕がサイバーエージェントに在籍していた頃に部下だった村田マリさん、通称ムラマリ。2013年にムラマリが立ち上げた住まいやインテリアに特化したキュレーションプラットフォーム「iemo」が、今年10月にDeNAに買収され、大きな話題になった。

いまはDeNAの執行役員として、iemoの陣頭指揮をとる若き起業家です。事業を生み出し育てていくことは、広告コミュニケーションとは共通しないように思うけど、その過程にあるのはユーザーのニーズをつかみ、課題を解決するサービスを具体化していくこと。まさに、広告コミュニケーションのアイデアをカタチにしていく作業と通底することがあると思う。

ムラマリはiemoの前にも、ソーシャルゲームの会社を立ち上げてgumiに売却している。今日は対談を通じて、ムラマリがどうやって成功する事業の種を見つけ、具体化させる力を身につけたのかを探っていきたいと思います。まずはサイバーエージェント時代の話から始めようと思う。僕と出会ったのは、ムラマリが新卒で入社して2年目の頃だっけ?

村田:そうですね。須田さんと出会った頃の私は、働き過ぎの過労で倒れ、休職から戻ってきた直後。前の上司とそりが合わなかったこともあって、ヘソを曲げてひねくれていた(笑)。

会社から「今度の上司は、博報堂出身のクリエイティブ寄りの人で、絶対ムラマリと合うから戻っておいで」って言われて、「どれどれ」って半信半疑で出会ったのが須田さんだった。須田さんは当時35歳ぐらいで、営業出身の若い人が多い会社の中でも異色な存在。柔和なマネジメントをしてくれて、私の荒んだ心が癒えていった。一緒に仕事をするなかで、学んだこともとても多かった。須田さんは私のクリエイティブの母です。

須田:アイデアを一緒に考えるということに焦点を置いて、上司と部下という関係性をつくっていったね。でも、たくさん働いたよね?

村田:そうですね、もともといっぱい働くことに抵抗はなかった。須田さんの下にきて、なぜ働くのか、仕事は面白いという動機付けがもらえたんだと思います。特に、印象に残っているのが、今の「Ameba」のロゴへのリニューアルを須田さんが手掛けたことを横で見られたこと。Amebaというコンセプチュアルな考えを持ち込み、社員の向いている方向を一つにして、会社の推進力が増していくのを間近で見ることができた。

当時、このモチーフがサイバーエージェントに持ち込まれたのは本当に革命的だったと思う。同じ会社で、近くにいて同じものをみている人が、そういうアウトプットを出したことに、ものすごくリアリティを感じました。10年経った今も、誰もが分かるシンボルになっている。

次ページ 「興味がある分野じゃないと鼻が利かない」へ続く

Follow Us