メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×
コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

グランジがラジオCMを制作したら、22本中10本が採用された!(ゲスト:遠山大輔さん、五明拓弥さん)【後編】

share

【前回コラム】「お笑いトリオ「グランジ」が東京ガスのラジオCM制作に挑戦!(ゲスト:遠山大輔さん、五明拓弥さん)【前編】」はこちら

お笑い芸人グランジの2人がプレゼンした東京ガスのラジオCM案は22本中10本も通るという予想外の結果に!今回は制作の模様と完成したCMを公開します。

今回の登場人物紹介

左から、権八成裕(すぐおわパーソナリティ)、五明拓弥(グランジ)、遠山大輔(グランジ)、澤本嘉光(すぐおわパーソナリティ)、中村洋基(すぐおわレギュラーゲスト)。

※本記事は1月16日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

グランジの2人で22本プレゼンして10本も残った!

中村:先週に引き続き、グランジの遠山大輔さん、五明拓弥さんをゲストにお呼びしております。

遠山・五明:よろしくお願いします!

遠山:グランジというか、CMプランナーの遠山になります。

澤本:もうそうなっちゃった?

遠山:はい、なりました(笑)。

権八:爽やかに言っちゃってる(笑)。

遠山:あれ、五明さんは?

五明:僕はまだ芸人で(笑)。

権八:今日はいよいよ二人のCMを聞けるんですね。

中村:先週は、お二人がプランナーとして東京ガスのラジオCMを澤本さんと一緒にプレゼン企画して、実際にコンペに出したところまで放映しました。

澤本:今回は特に「グランジだから通す」ということはしてなくて。だから何の贔屓目もなしに「この中で何本つくりましょう」と選んでもらいました。残ったのは何本だっけ?

遠山:僕は7本出して3本残りました。

五明:僕は15本出して7本残りました。

澤本:すごいよね。ラジオCMを年間で7本つくってる人はそんなに多くないよ。

権八:そうですね! 確かにそうだ。

中村:それをたった1回のプレゼンで。

五明:あ、じゃあ僕もCMプランナーでいいですか?

権八:早いね(笑)。いいですとも。

澤本:改めて、ラジオCMを企画してどうでしたか?

遠山:僕らに求められているのは面白さかなと勝手に思いまして、そこを中心に頑張って考えようとやらせていただきました。でも、やっぱり難しかったですね。いろいろ考えちゃって。自分で勝手に下げちゃったのもありましたし。

澤本:秒数はどうでした? 20秒、40秒など。

遠山:大変でした。自分の中では40秒だと思ったものを計ったら80秒ぐらいあって。

中村:オーバーしすぎです(笑)。

遠山:えっ、なんでこんなにかかってるの?みたいな。削る作業でも、ここも残したいし、ここを削ると意味が通らなくなっちゃうしと、苦労しました。

澤本:五明さんはどうでした?

五明:60秒をつくって、計ったら80秒あって。次にもう1回計るんですけど、自分の中で納得させるために早口でしゃべって「これでいいか」となっちゃうんですよ。僕ら普段のお笑いではカッチリ何分と決まってないんで。

権八:そうなんだ。

五明:だいたいでやってるんで、10秒ってこんなに大変なんだとか。

澤本:みんなそうですね。面白くてネタいっぱい書くじゃないですか。書いたネタが秒数に入らないと、みんな早口でしゃべりだす。

五明:“あるある”なんですね。

澤本:早口でしゃべって、何を言ってるのかわからなくて、つまらなくなると。それだったら、A、B、Cと面白い要素が3つあるのであれば、Aだけにしたほうがいいよと。面白いものを全部入れようとすると、だいたいつまらなくなりますね。

五明:勉強になります。ありがとうございます。

澤本:いえいえ、お笑いのことじゃないですよ。CMの話で言うとですけどね。

権八:しかも、お笑いと違うのはそこから役者さんに読んでもらう作業がある。役者さんも自分のペースで読みはじめるから、そこでまたどこか削らなきゃと。お二人は収録をやってみてどうでしたか?

遠山:澤本さんから「演者もお二人の知り合いや後輩の芸人を呼んでやったほうがよりいいんじゃないですか」とおっしゃっていただいて。

澤本:自分でやったほうが面白かったというのが一番嫌じゃないですか。だから、この声は自分が一番知っているアイツにやらせる、というほうがいいなと思ったので。予算はそんなにないけれど、それさえハマれば、遠山さんと五明さんが知っている人で誰を連れてきてもいいです、と言ったら、吉本にたくさん人材がいると。それで名前を挙げてもらったけど、誰も名前を知らなくて。

一同:

五明:えっ、なんでシューレスジョー知らないんですか!?

澤本:配役で、やたらシューレスジョーが出てきて(笑)。

中村:そうですね。今、キャスト見てるんですけど、シューレスジョー、シューレスジョー。

五明:シューレスジョーはすごいよね。

遠山:2人合わせて10本のうち、たぶん8本はシューレスジョーが出てます(笑)。

権八:あと、このダンビラムーチョってなんですか?(笑)

遠山:これは面白い漫才をする若手の、渋谷の∞ホールに出ているコンビのボケの子です。

五明:まだ2、3年目だよね。

遠山:そうです。めちゃめちゃ若い。

権八:チョコレートプラネットは。

遠山:チョコレートプラネットはキングオブコントの決勝も行っている。その松尾(駿)くんとか。

中村:権八さん、なんとこのCM収録も、澤本先輩が隠し録りをしてくれているんです!

澤本:僕、変態みたいな(笑)。

権八:隠し録りが得意な澤本パイセン大活躍(笑)。ありがとうございます!

中村:この収録は去年の12月初旬なので、かなり最近ですね。五明さん、遠山さんの順番で収録がスタートしております。もちろん澤本さんも収録に立ち合いました。ディレクターは、「すぐおわ」の第1回にも登場していただいたビッグフェイスの森田(一成)さんです。早速、収録打ち合わせの模様を聞いてみましょう。

次ページ 「公開! 東京ガスのラジオCM打ち合わせ」へ続く

Follow Us