メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

マシンによるマーケティング変革は間近 — IBM米国カンファレンスレポート

share

IBMは5月16日~19日にかけ、米フロリダ州タンパにて「IBM Amplify(アンプリファイ)2016」と題したカンファレンスを開催した。あらゆるデータを取り込んで自ら学習し、推論する「コグニティブ・コンピューティング」が、マーケティングやセールスプロモーションをどう変えるのか。現地にて取材した内容をお伝えする。

朝7時から会場につめかける参加者

会場の「タンパ・コンベンション・センター」。16日は晴れていた。

5月17日、朝7時。カンファレンスの本番だ。しかし、フロリダらしい快晴を見せた前日とは打って変わって、小雨のぱらつく曇り空となった。

講演会場が開くのを待ちわびる参加者たち。

それでも「IBM Amplify 2016」の会場、メキシコ湾の入り江に面する「タンパ・コンベンション・センター」では、すでに多くの人がカンファレンスの開始を待っていた。手には朝食がわりのベーグルやコーヒー。前夜執り行われたウェルカムパーティー後、会場付近のバーや運河沿いのスペースでは会話を楽しむ人も見られたが、それも日付の変わる前まで。みな朝早くからのカンファレンスに備えていたようだ。

朝早くから続々と人が集まる。会場では朝食代わりの軽食が提供された。ウォーターサーバーも至るところにあった。

会場のドアが開いて席取り開始。

あっという間に埋まる。

会場のドアが開放されるのと同時に、少しでもいい席を取ろうと参加者が会場へなだれ込む。取材陣に用意された席も、あっという間に埋まってしまった。耳をすませると中国語やヒンズー語らしき言葉も聞こえてきた。

報道陣用の席はLANケーブルと電源タップ完備だった。

次ページ 「「超パーソナライズ時代」の幕開け」へ続く

Follow Us