コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

“ディストピア”の今こそ求められるラジオの役目(ゲスト:吉田照美)【後編】

share

【前回コラム】「コミュ障だった少年がラジオの帝王に、「スレスレのところを来ただけ」(ゲスト:吉田照美)【中編】」はこちら

今週のゲストは、先々週から引き続き、タレント・フリーアナウンサーの吉田照美さん。今回は吉田さんが感じるメディアの問題点について言及。現代におけるラジオの役目についてお話をうかがいました。

今回の登場人物紹介

左から、中村洋基(すぐおわレギュラーゲスト)、権八成裕(すぐおわパーソナリティ)、澤本嘉光(すぐおわパーソナリティ)、吉田照美(タレント・フリーアナウンサー)。

※本記事は4月26日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

曖昧になってしまったAMとFMの境界線

中村:ラジオの喋り方で、「ここ気を付けた方がいい」「こういうことに気を遣ってやっています」みたいなことありますか?

吉田:ここFMじゃないですか。

中村:FMです。

吉田:今はAMもFM化しちゃったじゃないですか。何がFMで何がAMかが、これからはもっと曖昧になっていくと思うんですよね。昔は、AMとFMってはっきりした違いがあって。今はもうどうでもいいと思っているんだけど、昔は「AMの喋り手だ」っていう気概を持ってやっていたような気がするんですよ。そういうのって聞いて分かるじゃないですか。

AMの喋り手の人の喋り。例えば代表的なのは蝮(毒蝮三太夫)さんとかね。毒蝮さんが市井の人にマイクを向けて、「くそばばあ」とか言ったりして。自分がくそじじいなのに、そんなことを言っているわけじゃないですか。でもあれってすごい、優しい言葉だなって思えるわけじゃないですか。でも、FMで蝮さんはたぶん成立しないと思うんですよね。

中村:確かに。

吉田:そういう違いがはっきりあったんだけど、今は段々とAMとFMがミックスされた形になってきて。それを知らなかった人は別にそんなことを考えないんだけど、僕なんかはFMでも仕事をさせてもらうようになったときは、下世話なところは抑えなきゃいけないとか思う。

中村:あっ、そうなんですか!

吉田:そうそう。そういう心の働きがね。

中村:FMの方がちょっとクールな感じに?

吉田:うん。ちょっとクールな感じ。だから、あんまり下ネタも言っちゃいけないだろうしね。AMほどね。そういう気持ちが僕なんかの世代はありますから。それに、AMでずっと喋っていた人間だから。それがいいことか悪いことかは、今は分かんないんだけど。FMでもAM的な喋りをする人はこれからはもちろんいるだろうから、もう混在しているのかな。昔の形はよかったなと僕は思ったんですけどね。

中村:そうですね。例えばWEB野郎中村は学生とか若い頃って、今と違ってラジオのダイヤルを回してチューニングするわけです。グーっと回していくとTBSがあって、文化放送があって、ニッポン放送があってみたいな。

それでチューニングしている間、ザーって音のなかに一瞬吉田さんの甲高い声がワッと入ってくると、ついダイヤルを止める力があるみたいなのは感じてました。

吉田:ああいうのは面白いですよね。確かにね。

中村:結構意識してやられているのかなって。

吉田:そう。今はradiko(ラジコ)なんかだと、いい音で聞こえるようになっているし。ただ、昔はよく聞こえない状況で、東京の放送を地方の人が聞いてくれているのが、すごくいいんですよね。途中で雑音に負けちゃって聞こえなくなっちゃっても、また復活したときに聞いていてくれている人がいるっていうね。

中村:もう全然聞こえないから、AMはもう化け物みたいにループアンテナをでっかくして、家の外とかに置いて聞いているみたいな。

吉田:そうそう。だから、送り手の方としてはそういうリスナーがすごく愛おしい。だけど、やっぱり今の方がいいんだろうなって思いますね。radikoで聞き逃しちゃったヤツも聞けるわけだから。

僕は、ラジオはもっとなんかやれそうな感じに思うんですよね。状況は昔よりはるかにいいわけだから。今は飽き足らないっていうか。テレビとはまったく違うメディアだと思うし、小回りは効くしね。瞬間に内容を変えられるじゃないですか。テレビは絵に追いつくことができなかったら成立しなかったりするけど、ラジオはトークで全部いけちゃうわけだから。

僕はいい年なんですけど、こういう状況下で本当に面白いラジオができたら最高なんだけどな、っていうのは常に思っているんですよ。なかなか辿り着けないですけどね。

次ページ 「嘘が蔓延している世界で、ラジオは「本音」を語るメディア」へ続く

Follow Us