コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

好かれないのに期待はされる。だから二世は生きづらい。(ゲスト:長嶋一茂)【後編】

share

【前回コラム】「「僕はあえて嫌われたい」深夜だから話せる一茂流人生論(ゲスト:長嶋一茂)【中編】」はこちら

今週のゲストは、先週に引き続きタレントの長嶋一茂さん。二世としての宿命を背負ったプロ野球選手時代の話から、極真空手に入門し、今なお身体を鍛え続ける理由について伺いました。

今回の登場人物紹介

左から権八成裕(すぐおわパーソナリティ)、中村洋基(すぐおわレギュラーゲスト)、澤本嘉光(すぐおわパーソナリティ)、長嶋一茂。

※本記事は11月1日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

プロ初ヒットがホームラン、あの記憶は今でも

澤本:僕、やっぱり野球選手としての一茂さんが好きだったんですよ。

長嶋:ありがとうございます。珍しいですね(笑)。

権八:(笑)。

澤本:いや、それこそヤクルトのドラフト1位じゃないですか?それでプロ初安打で、ビル・ガリクソン(読売ジャイアンツの投手)からホームランを打ったじゃないですか?あの時って、もう全然打てると思って入っていたんですか?

長嶋:全く打てないと思って入っていたね。

澤本:でも急に来たじゃないですか?

長嶋:あれはなんだったんだろうね、野球の神様のイタズラだろうね。

澤本:その時のこと、覚えています?

長嶋:覚えているよ!代打で出たんですよね。

澤本:はい。

長嶋:2球目ぐらいにね、顔の近くにボールが来たんだよね。

澤本:はい。

長嶋:まっすぐ。それがね、僕まだ覚えている。スイカぐらいに見えたの!

澤本権八中村:えーーー!!

長嶋:野球のボールがスイカぐらいに見えたの!

澤本:ええ。

長嶋:でかいんだよ、ガリクソンって。投げるボールもでかいんだ!って思って。

一同:(笑)。

長嶋:これダメだ、絶対打てない!と思って。2-2ぐらいから打ったのかな?ガリクソンが投げたのをもう目をつぶって打ったような感じですよね。

中村:へえーーー。

澤本:でもバックスクリーンに飛び込んで…。

長嶋:そうですよねー。なんであんな感触でバックスクリーンまで飛んでいったかも分かんないし。これはもう絶対神様のイタズラでしょうね。

澤本:すごい持ってるな!と思って、見ていたもんね。

中村:プロ野球初ヒットがホームラン。

長嶋:でもその時は、もっと本当に傲慢で、横柄で。今が傲慢で横柄でないって言っているわけじゃないんだけど、これからホームランをあと30、40本ぐらいどうかな?と思っていたからね。

澤本:はいはい。

長嶋:そしたら4本で終わっちゃったからね。

澤本権八中村:(笑)。

次ページ 「小学生の野球の試合に、新聞全紙が取材に来た」へ続く

Follow Us