コラム

壺をレコードにしてみた -アートディレクターの自主制作記録-

アートディレクターによる漫画コラム「壺をレコードにしてみた」が始まります!

share

Dentsu Lab Tokyo アートディレクターの小柳祐介さんの漫画コラムがスタートします。広告会社のアートディレクターとして勤務する傍ら自主制作プロジェクトに取り組まれています。

印刷物の過程で出る端材を動物のおもちゃにしたり、

 
サンタクロースの最も効率的な配送ルートをビジュアライズした絵本をつくったり、

 
壺の凹凸をAIで解析して音楽を奏でてみたり—。

 

サントリー、トヨタL&Fカンパニー、埼玉西武ライオンズなどの広告のアートディレクションを手がける小柳さん。広告の仕事を通して、普段から企画を手がけ、デザインするアートディレクターが、なぜ自主制作をするのか?どんな苦労があるのか?そして、新たな仲間との出会い—。自主制作と向き合う日々をクスッと笑える漫画でご紹介します。

タイトルは、「壺をレコードにしてみた -アートディレクターの自主制作記録-」、略して「壺レコ」です。

7月12日(月)からAdverTimesの公式Twitterに毎週月、水、金に投稿、それをまとめた記事の第1回を7月23日(金)に掲載予定です。

小柳祐介(こやなぎ・ゆうすけ)
Dentsu Lab Tokyo
アートディレクター

1982年東京生まれ。東京藝術大学デザイン科、大学院にてコマ撮りアニメを8年間研究後、2010年電通入社、現在、Dentsu Lab Tokyo所属。広告、スペースデザイン、テクノロジーなど、領域に垣根なくトータルでのアートディレクションを得意とする。最近の仕事に、サントリー コミュニケーションズ「話そう。」、埼玉西武ライオンズ「今日から、プロ野球をやらせていただきます。」など。プレ・アルスエレクトロニカ栄誉賞、文化庁メディア芸術祭推薦作品選出、レッドドット賞、CANNESLIONSシルバー、One Showゴールド、London International Awardsゴールド、The Clio Awardsシルバーほか受賞多数。

 

Follow Us