ユニ・チャームが急浮上3位、昨年から大幅下降は約80社 企業情報サイト調査2021

share

トライベック・ブランド戦略研究所は12月8日、2021年の企業Webサイトのユーザー評価ランキングを発表した。1位は3年連続でサントリーが獲得。2位は資生堂で、昨年の3位から1つランクアップした。3位はユニ・チャームで、昨年45位からの急浮上となった。

ユニ・チャームはことしWebサイトをリニューアルしたのが評価されたもよう。ほかに上昇幅が大きかったのはJR東海で、昨年の170位から79位となった。一方、下げ幅が最も大きかったのは、アフラック生命で昨年118位から221位へ急落した。同程度下げたのは、コスモエネルギーホールディングス(97位→197位)、ゼンショーホールディングス(86位→181位)となった。

「企業情報サイト調査2021」として毎年実施している調査。企業Webサイトに掲載されている、会社案内やニュースリリース、技術情報/品質・安全・安心への取り組みなど主要6コンテンツそれぞれを5段階で評価し、平均値を算出したもの。有効回答数は1万3500人で、ことし10月から11月にかけ、インターネットで回答を集めた。

〔1位〜50位〕

ユニ・チャームのほかに、ピジョンや任天堂、ダイキン工業、バンダイナムコホールディングスなどが大きく浮上した。下降が目立つのは昨年12位から35位となった明治ホールディングス。

昨年はなかった大正製薬ホールディングスが38位、大塚ホールディングスが40位、中外製薬が42位にランクインした。

2020年と社名表記が異なるのは、LIXIL←LIXILグループ、富士フイルムホールディングス←富士フイルム、ニップン←日本製粉。表はトライベック・ブランド戦略研究所の資料を基にAdverTimes.編集部作成。2020年のランキングと比較し、20以上上昇した企業は濃い緑、20以上下降した企業は赤色に塗り分けた。その間の上昇・下降は薄い緑、黄色とした

次ページ 「企業情報サイト調査2021 51〜100位」へ続く

Follow Us