韓国はトレンドの卵の宝庫? Z世代プランナーによる「韓国トレンド研究室」がスタート

はじめまして。23卒でプランナーをしている、佐々木日菜と言います!

普段は広告はもちろん、プランナー・イラストレーターとして、展示をつくっています。

漫画、映画、ドラマ、広告など…ありとあらゆるコンテンツが、時代や国にかかわらず大好きなため、面白いと思ったものを収集しては分析して、を日々繰り返しています。

そんな収集・分析癖のある私が最近特に熱中している韓国のクリエイティブについて、コラムを書かかせていただくことになりました!韓国が好きな方も、そんなに知らない、という方も、クリエイティブに関わるお仕事の方も、そうでない方も、どんな方でも気軽に楽しめるコラムを目指して書いていきますので、楽しんでいただけると嬉しいです!

皆さんの企画やアイデアのタネになるようなコラムになれば、と思っています。これからよろしくお願いいたします!

あらゆるトレンドの着火点はZ世代

さっそくですが、“ここ数年で流行ったもの”と聞かれると、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか?

MBTI、バレエコア、New Jeans、オニワッサン、サモエドカフェ……

多様なジャンルで、さまざまなコンテンツが思い浮かべられるかと思います。そして実は、これらのトレンドのほとんどの着火点はZ世代です。

経済を大きく動かすような消費行動は、30代以降の大人が担っているように感じがちです。確かに、ひとり当たりの消費額は大人の方が多いかもしれません。しかし、その消費を促すきっかけとなるトレンドの多くは、Z世代が着火点になっているのです。

そのため常に時代の最先端にいる必要のあるビジネスパーソンや、広告・マーケティングに関わる人々にとっては、「Z世代のトレンドをキャッチアップしておくこと」は非常に重要です。

それでは、そんなZ世代はどこからトレンドの“卵”を収集してくるのでしょうか?

次のページ
1 2 3
佐々木日菜(kakeru プランナー/イラストレーター)
佐々木日菜(kakeru プランナー/イラストレーター)

大学時代、フリーのイラストレーターとして活動。過去に制作した展示は、「どっちかといえばこっち展」「いい人すぎるよ展」「やだなー展」「みんなどんな感じ?展」「いい人すぎるよ美術館&切ないすぎるよ博物館」「うれしいすぎるよ展&そういうことじゃないんだよ展」など。展示ではイラストも担当している。著書に「いい人すぎるよ図鑑」。

佐々木日菜(kakeru プランナー/イラストレーター)

大学時代、フリーのイラストレーターとして活動。過去に制作した展示は、「どっちかといえばこっち展」「いい人すぎるよ展」「やだなー展」「みんなどんな感じ?展」「いい人すぎるよ美術館&切ないすぎるよ博物館」「うれしいすぎるよ展&そういうことじゃないんだよ展」など。展示ではイラストも担当している。著書に「いい人すぎるよ図鑑」。

この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

「Z世代プランナーが研究・分析!「韓国トレンド研究室」」バックナンバー

このコラムを読んだ方におススメのコラム