コラム

参院選2013 ネット選挙合戦緊急レポート〜ネット選挙は吉と出るか?

avatar

李 洪千(慶応義塾大学 総合政策部 専任講師)

イ・ホンチョン 1968年韓国生まれ。

専門は政治コミュニケーション。中央大学非常勤講師などを経て2011年から現職。94年韓国記者協会編集局次長を勤め、02年には民主党大統領候補者演説・メディア担当秘書、ソウル市長選挙公報秘書として選挙に携わる。06年神奈川県松沢知事マニフェスト評価委員会特別委員。12年韓国大統領では文在寅候補陣営のネット選挙チームに加わった。


このコラムについて

今夏の参院選から日本でもいよいよ解禁となったネット選挙運動。一般有権者も含めブログやSNSを使った特定政党や特定候補への投票の呼びかけが可能になりました。これによって、従来の草の根活動を含む政党や政治家の選挙広報はどのように変わるのか?来る参院選投票日に向けて繰り広げられる各党のネット発信をレポートするとともに、ネット選挙運動におけるビジネスチャンスについても紹介していきます。

広告系の求人情報 宣伝会議キャリアナビ
マーケティング資料ダウンロードサービス
マーケティング・コミュニケーションパートナー一覧