生成AI時代のシンOMO論

「もはやこれまでのOMOでは生き残れない」

コロナ後、リアル接点が戻る中でOMO(Online Merges with Offline、オンラインとオフラインの融合)はグローバルのホットトピックです。そんな中、OMO発祥の国、中国では、他国と比べてもOMOが当たり前の日常になっており、やはり日本は後れを取っていると言わざるを得ず、本質的な理解や活動が十分に行われていません。

追い打ちをかけるように、2023年、ビジネスの最重要トピックとなった生成AIの登場により、これまでは人間にのみ可能だった対応が、AIによって大量かつ高精度に行える時代が見えてきました。こうした変化に適応するため、企業には自社の顧客接点や提供価値の再検討が迫られていますが、大多数は追いつけていないのが現状です。

本レポートでは、こうした状況を捉え、今必要な活動と考え方を示します。

現在の中国から新たに学んだ「OMO実践のポイント」や日本でありがちな取り組みとの根本的な違い、さらにビービットが取り組む生成AIプロジェクトから得た知見を踏まえた、新しい「オンラインとオフラインの融合」の在り方を解説します。

 

資料について

対象 プロダクトオーナー/サービスオーナーやOMO戦略、顧客接点の在り方を考える立場にある方
資料名 生成AI時代のシンOMO論
企業名 ビービット
企業URL https://www.bebit.co.jp/
問い合わせ先 https://www.bebit.co.jp/contact/

タイアップ