脱法ドラッグ「使いたくない」「ダサい」ネーミングに?新名称募集

share

8人が死傷したJR池袋駅近くでの暴走事故など、「脱法ドラッグ」吸引による犯罪や事故が相次ぎ、厚生労働省と警察庁は4日、「脱法ドラッグ」の新たなネーミングを募集すると発表した。厚労省と警察庁担当者で新名称を選び、7月中をめどに具体的なPR施策を検討する。

「若い人が手を出そうと思わないようなかっこ悪いもの、という基準が明確にあるわけではないが、そういうネーミングがあってもいいかもしれない」(厚労省医薬食品局監視指導・麻薬対策課)。

実際、厚労省研究班の調べでは、「脱法ドラッグ」を使ったことのある人の平均年齢は33.8歳で、シンナーや大麻、覚せい剤と比べて最も若い。国立精神・神経医療研究センターの2012年調査では、中学生120人に使用経験があることもわかった。

新名称の要件は(1)危険性の高い薬物である、(2)幅広い世代が理解できる、(3)「ハーブ」という名称は特に誤解を招くので原則使わない、(4)公序良俗に反しない、の4点。

電子メール、郵送(はがき)で7月5日から18日まで受け付ける。

脱法ドラッグ」関連記事はこちら

Follow Us