社員を変え、会社を伸ばすわが社の講座活用法⑤ジヤトコ

share

ジヤトコ グローバル広報部 主担 佐藤 真琴氏

自動車のスムーズな変速を実現するCTV(無段変速機)の世界的メーカーであるジヤトコ。
「広報の役割は、全従業員が同じ方向を向けるようコミュニケーションすること」と担当者は話す。

ジヤトコ グローバル広報部 主担 佐藤 真琴氏

CTVを中心に、自動車部品の製造を手掛けるジヤトコ。十数カ所の国内拠点に加え、アメリカ、メキシコ、韓国、中国、フランス、スペイン、タイ、ロシアに海外事業所を構える。当然、従業員の国籍は様々だ。

昨年からグローバル広報部に籍を置く佐藤真琴氏は、就任直後に感じた広報の難しさをこう話す。

「日本語で表現されたものを、海外の社員へ伝えることが大変だと感じました。10の内容を伝えたくても、実際には1~2程度しか伝わっていないのではないかと思うこともありました。通常のやり取りでさえそんな調子ですから、広報の重要な仕事でもある経営方針や企業理念の浸透は、本当に難しいと感じます」。

さらに、佐藤氏は就任直後から、広報経験1年程度のメンバー2人を率い、社内報の発行も担っていた。社内報は2カ月に1回発行。不慣れな作業ばかりで、締め切りの2週間前はほぼ社内報制作に追われるような状況だった。そうした中で、クオリティの向上や制作の効率化を図るため、宣伝会議の「ニュースリリース作成講座」や「インナー広報実践講座」を活用。講座で学んだことも活かし、社内報の内容を改善していく。

例えば表紙ページ。それまでは手をモチーフとした全面写真が表紙を飾っていた。そこを、9分割にして社員を紹介するフォーマットに変更。今まで社内報に登場していなかった社員が、表紙に登場し始めた。また、海外拠点の広報担当者にも写真撮影を頼み、世界中のジヤトコ社員の登場が実現。時には、「スポーツ」をテーマに野球やサーフィンなどを楽しむ社員の写真を使用したり、「観光スポット」をテーマに各拠点近くの名所写真を取り入れたりといった工夫で、表紙がより賑やかになった。

「各社員のつながりが強まったことに加え、表紙に出た社員から、社内報に載れることができて嬉しいという声をもらえたり、広報のスタッフが撮影に行くと喜ばれたり、良いことが多くありました。制作を通じて、社内報は読むと楽しいというだけではなく、全社員を一つにできる強力な経営ツールだと感じます。精力的に制作を続けることで、より社員を元気にし、経営方針や企業理念の浸透も実現できるはずです」。そう、喜々として話す佐藤氏。次回の社内報プランも、構想中だ。

取引先は、日産、三菱、スズキ、ルノー、GMなど世界中の自動車メーカー

CTVにおいては、世界トップクラスのシェアを獲得

変更を施した社内報の表紙

ジヤトコ 会社DATA

CTVの製造に強みを持つ世界的な自動車部品メーカー。「ニュースリリース作成講座」「インナー広報実践講座」を受講。

全国7000社以上の企業で導入されている、社員研修の決定版
「宣伝会議 オリジナル研修」

60年の歴史を持つ、マーケティング・クリエイティブの専門的な研修機関「宣伝会議」が、社員の成長につながる社員研修をお手伝いします。

詳細はこちら


株式会社宣伝会議 教育事業部
E-mail:info-educ@sendenkaigi.com
電話番号:03-3475-3030
FAX番号:03-3475-3033
受付時間:9:30-18:30(土・日・祝除く/FAXは24時間受付)

ノベルティ・プレミアム」関連記事はこちら

過去の記事
社員を変え、会社を伸ばすわが社の講座活用法① KANKO
https://www.advertimes.com/20140709/article163210/

社員を変え、会社を伸ばすわが社の講座活用法② ピラミッドフィルム クアドラ
https://www.advertimes.com/20140723/article163281/

社員を変え、会社を伸ばすわが社の講座活用法③イムラ封筒
https://www.advertimes.com/20141027/article173039/

社員を変え、会社を伸ばすわが社の講座活用法④資生堂
https://www.advertimes.com/20141029/article173050/

Follow Us