インテージとニールセンが合弁会社設立

share

インテージとニールセン・カンパニー合同会社は1月21日、合弁でインテージ・ニールセン デジタルメトリクスを設立することに同意したと発表。同社は複数のメディアプラットフォームにおける、広告効果や視聴動向の測定を行うためのソリューション開発を目指していくという。

インテージ・ニールセン デジタルメトリクスは、第一弾のサービスとして、すでに海外市場で活用されている、広告効果測定ソリューション「ニールセン オンラインキャンペーンレイティングス(OCR)」の日本市場導入に合わせ、OCRとインテージ保有のi-SSPデータ(インテージ・シングルソースパネルデータ)を統合。オンライン広告のリーチを性・年齢属性といった基本的な切り口だけでなく商品ブランド所有状況や商品購買意向、ライフスタイル、地域属性などの切り口でも分析できる新サービスや、オンライン広告の購買行動に対するインパクトやブランドスイッチ動向を分析するサービスなどを提供する予定。


「インテージ」に関連する記事はこちら
「ニールセン」に関連する記事はこちら

Follow Us