コラム

広告の中の人 次世代を担う注目のタレント

熱血スポーツ少女からモデルへ!西内まりやの素顔に迫る

share

【前回コラム】「[動画]あまちゃんで大ブレーク——松岡茉優が見せる19歳の素顔」はこちら

2014年の「日本レコード大賞」最優秀新人賞を受賞し、芸能界8年目にして新境地を開拓した西内まりやさん。バドミントンで日本一を目指したかつてのスポーツ少女は、女優、そして歌手として、新たな輝きを放っている。

足立:福岡県出身なんですよね。

西内:はい。山も海も近くて本当にいい環境でのびのび育ちました。中学1年生の時にスカウトしていただいて、1年間、福岡でレッスンしてから上京しました。

足立:中学校までバドミントンをしていて、福岡市での優勝経験もあるそうで。

西内:バドミントンは、小学校3年生から6年間、毎日練習していて、本気で日本一を目指していました。根っからのスポーツ少女でしたね。スカウトされた中学1年生の頃から、週1回、メイクしてオシャレして鏡の前に立つレッスンの時間が始まり、それが本当に楽しくて。私はこっちの世界でビッグになりたいと、夢が変わったんです。

足立:福岡から東京に移ってからは、どうでしたか。

西内:東京は何だかすごいんだという漠然とした憧れがありましたけど、バドミントンで培った精神力なのか、根拠のない自信は常にありました。練習は本当にスパルタで、負けそうなときでも絶対に顔に出すなとずっと言われてきたので。

足立:負けず嫌いなんですね。

西内:周りというよりも、自分に負けるのが嫌なんです。モデルを始めたときは身長も低かったですけど、やるからにはトップモデルになるんだと思っていました。母や姉にも、もう少し丸くなりなさいと言われるくらいで。

足立:お姉さんは先に上京していたんですよね。

西内:姉はモデルとして、私よりも1年早く上京していました。母と姉が東京に行き、私がずっと寂しがっていたので、「まりやも芸能界に入れば東京に来れるやないか」と2人に言われまして。それで母が、ある雑誌のモデル募集に応募したんです。それは落ちてしまったんですけど、その応募用紙を見た方がスカウトしてくれたんです。

足立:なるほど。上京した当初、芸能界はどうでしたか。

西内:ボイスレッスンやダンスレッスンは厳しい先生だったんですけど、それがすごく嬉しかったです。私の場合、厳しいほど、燃えますし、もっとうまくなれると思うんです。

足立:スポ根ですね。戦う舞台がバドミントンから芸能の世界に移ったと。

西内:そうですね。それと、出会いには恵まれていると感じます。本当にまっすぐぶつかってくれる人って、なかなか出会えないじゃないですか。バドミントンの先生は厳しい人だったので、私が辞めると言ったときには激怒して認めてもらえなかったんです。その先生のためにも、ビッグになっていつか帰りたいですね。そういう方々との出会いがあったからこそ、きっと今の自分がいるんだと思います。

次ページ 「最近ではモデルだけでなく」へ続く

Follow Us